【POG】ディープインパクト産駒で母ソラリアの2017となるエバーマノの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

オークス(G1)は12番人気の低評価を覆し2着、秋華賞(G1)、そしてジャパンカップ(G1)までも2着と安定した結果を出す、カレンブーケードールの全妹となります。父はディープインパクトに母ソラリアの2017となる、エバーノマを紹介したいと思います。

馬名:エバーマノ(2歳・牡馬)
馬主:宇田豊氏
管理:藤岡(健)師
父:ディープインパクト
母:ソラリア
母父:スキャットダディ
デビュー予定日:2019年12月21日(土) 阪神 芝1800m
鞍上予定:藤岡(康)ジョッキー

父はディープインパクトとなりますが、この世代で先週は大物感たっぷりのクリソプレーズの2017となる、ヴァーダイトが川田Jを背に2着に4馬身差をつけ圧勝と先々が楽しみな新馬勝ちが1頭が出ました。その他にはひいらぎ賞(1勝クラス)でスマイルカナも勝利と勝数をきっちり挙げまだまだ勝ち星も増えていきそうですね。

次に母のソラリアですが、2015年に亡くなったスキャットダディ産駒を父に持つチリ産。現地ではエルダービー(G1)、アルトゥロLペニャ賞、チリ1000ギニーのG1・3勝に加え、フリオSのブラウン賞にコテホデポロランカス賞のG3を2勝で通算11戦7勝で年度代表馬にも輝いた、チリの名牝で超良血馬ですね!その母からは初仔のガーデンテラス(父キャンディライド/牡馬)は不発に終わったものの、2番仔のディープインパクト産駒となるカレンブーケドール(牝)が、冒頭にもお伝えしたとおりで、デビュー3戦目で勝ち上がり、5戦目でスイートピーSを制した以降はオークス2着、紫苑S3着、秋華賞とジャパンカップでも2着と文句なしの戦績。特にジャパンカップでは53キロとはいえ、アーモンドアイとリスグラシュー不在とはいえ、超豪華メンバーを相手に勝ち馬と0.1秒差は素晴らしいレースを魅せてくれ来年は益々楽しみな年になりそうですね。

そんな中、同ディープインパクト産駒で2017となるエバーマノが馬主も管理も替わってデビューを迎えようとしています。馬主は『エバー』の冠が多くお馴染みの宇田氏で管理は藤岡(健)師という事でどう出るか!?また気になるのが思ったより調教で走ってないんですよね…そして、この出走予定レースは超良血馬がうじゃうじゃ出走してきそうな状況ですので万全の状態が理想ですが…本番で走る馬もいますからね、ここは血統背景には期待したいところです。

という事で、デビュー戦は藤岡(康)Jを背に一番上の着順が出るといいですね。
デビュー戦が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました