2020年 小倉大賞典(G3) 予想&結果 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないジナンボーが+20キロで3着はやられました^^;
そんな私の予想は、

◎ ⑦ナイトオブナイツ 7着(11番人気)
小回りコースが得意なのは明らかで昨年このレースを最速の上がりで4着の実績もある。前走は中山でその得意の小回りながら流れ不向きで8着も上がりは最速を叩き出していた。馬場が重くなりそうなのと今の馬場で差しが利けば一発も。期待する。

○ ④レイホーロマンス 4着(6番人気)
G1の2200mで13着→G2の3600mで8着→そしてOPの3000mで4着から前走が2000mの重馬場で3着の好走。距離の融通性が利き、乗りやすさに加えどんな競馬にも対応できるのが強みでもあり今の勢いにハンデ51キロは魅力。道悪も問題なく鞍上は2走前で4着とやや遅仕掛けだった松若Jに戻り好走を期待してみる。

▲ ⑪タニノフランケル 12着(8番人気)
昨年2着となった同レース以降、重賞で良いところが全く見せれてないのが現状で近2走も14、15着。だが何れも2000mだった事を思えば得意の1800m【1210】に戻るのはプラスで小倉も【1101】なら。鞍上は金鯱賞で単騎逃げから10着となった吉田(隼)JだがG3ですんなりなら。期待する。

△ ③テリトーリアル 6着(3番人気)
徐々に力をつけOPクラスに上がって2、1、12、3着と2走前のG3で12着は重賞の壁!?と思いきや、前走の中山金杯(G3)で勝ち馬に0.1秒差の3着と巻き返しただけに2走ボケだったのだろう。6歳で充実期を迎え得意の距離【3211】で好走を期待する。

× ⑥ヴェロックス 9着(1番人気)
今年初戦がこのG3というのは意外だがクラシックで2、3、3着と勝ちきれずもサートゥルナーリアや
ワールドプレミム相手に差のない競馬。現状何だかんだでリステッド勝ちどまりだがさすがに57キロにこのメンバーなら馬券圏内を外すとは思えず、素直に期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線あっさりと鋭い差し脚で突き抜けた4番人気のカデナ、
2着は勝ち馬と一緒に直線で脚を伸ばした10番人気のドゥオーモ、
3着は早め先頭でしたが最後の踏ん張りが利かず2番人気のジナンボーでした。

我が本命の◎ナイトオブナイツですが結果7着となりました。スタート後は控えるだろうと思いながらそのスタートはやや出負け気味のスタートも馬なりで後方へ。1角後は後方4番手の外から追走し前を見る形。折り合いもついてましたし、じっくり脚を溜めてる状況。直線では大外に出し脚を伸ばすも位置取り的に厳しい感じでしたし、確実に末脚は使えるものの…やはり展開が向かないと厳しいですな。

馬券的には…1、2、3着馬がどれも入っておらず。ヴェロックスがこのメンバーで負けるのは、馬場どうこうのまえにこれはいかんですよ。テリトーリアルも得意の距離だったがまだ重賞では不安定ですね。そしてドゥオーモは馬場悪化で2戦連続馬券圏内でしたが、荒れた馬場と52キロを勝浦Jの好騎乗でしたね。ここまでハズレると逆に諦めがつきますwww。残念ながら素直に完敗です。

来週はラッキーライラック、インディチャンプ、ダノンキングリー等が出走予定の中山記念(G2)と、
阪急杯ですね。阪急杯はいかにも荒れそうですし、波乱を期待して予想したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました