【POG】グランプリボス産駒で母サトノディーラーの2017となるモズトリプルエーの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

ご存じの方も多いと思いますがG1馬を出した母でとなります。本日阪神の新馬戦でデビューとなります。父はグランプリボスで母サトノディーラーの2017となるモズトリプルエーを紹介したいと思います。

馬名:モズトリプルエー(3歳・牡馬)
馬主:キャピタル・システム
管理:鮫島(一)師
父:グランプリボス
母:サトノディーラー
母父:キングカメハメハ
デビュー予定日:2020年3月7日(土) 阪神 ダ1400m
鞍上予定:岩田ジョッキー

父はグランプリボスと、2018年が初年度産駒となりますが地方では頑張っている産駒もいますが、中央では現状コレと言った活躍馬は出ていません。2017世代はカノンの2017となるミズリーナと、ケイアイミサイルの2017となるリュウノゲキリンの2頭が新馬勝ちをしているもののその後は厳しい状況ですね。もう少し長い目でみたいところですが、父は朝日杯FSとNHKマイルCのG1を制した種牡馬だけに何とか良い産駒を出してほしいと願うばかりです。

そして母のサトノディーラーですが、当時セレクトセールで1800万円で落札されたキングカメハメハ産駒。結果的に怪我をされたのか?未デビューのまま引退、繁殖へ上がった様ですね。ただ繁殖牝馬としては、2014の3番仔となるモズカッチャン(父ハービンジャー/牝馬)がエリザベス女王を勝ちG1馬となり、フローラ(G3)も制しておりそのモズカッチャンは引退、繁殖へと上がり初年度はグランプリボスを配合されてる様で楽しみですね。ただ、その他は…2010のブラックタイド(牡馬)、2012のマンハッタンカフェ(牡馬)は活躍できず、2015のハービンジャー(牡馬)はモズカッチャンと同配合も活躍できず…こう見ると、ひょっとしたら牝馬の方が走るのかもしれませんね?

そんな中、2017となるモズトリプルエーがグランプリボスを配合され本日デビューします。阪神のダート1400mで鞍上岩田Jを背に無事出走へ漕ぎ着けました。預託先はモズカッチャンを管理していた鮫島(一)師とのコンビに戻り、馬主のキャピタル・システムとしては期待度の現れでしょうか。また、同レースには矢作師管理のモズピンポンも坂井(瑠)Jで参戦と同じ勝負服での争いもありますが、共にグランプリボス産駒だけに今後の活躍を期待しつつ好結果が出るのを期待したいところです!

タイトルとURLをコピーしました