2020年 天皇賞・春(G1) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果G1レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったユーキャンスマイルは4着に飛んでくれましたが…^^;
そんな私の予想は、

◎ ④ダンビュライト 9着(8番人気)
去勢明け初戦はかなりネックではあるが…調教はバツグンの動きを魅せてるのも魅力である。また、位置取りがポイントでキセキが順当なスタートなら2番手を仮に出遅れる様なら単騎逃げも見込める。特に後者で折り合いがつけばあれよあれよで…鞍上は松若J【3102】の好相性に期待する。

◯ ②エタリオウ 10着(6番人気)
2頭出しの友道師は当然!?ユーキャンスマイルが勝ち負けとコメントしてるが、人気薄のコチラが気になる。菊花賞2着馬で昨年4着でユーキャンスマイルに3馬身差をつけた力と、5着以下がない京都【1202】なら。鞍上が川田Jだが最近重賞で不調な上に、主戦のキセキが武(豊)Jに乗り替わりで悔しさを晴らすべく激走を期待する。

▲ ⑧キセキ 6着(3番人気)
出遅れたら…を言ってたらキリがないが、まともに走れば過去の戦績からもこのメンバーでは能力は相当上。また、唯一の1戦1勝の京都は菊花賞で当時は14番手からの最速の上がりで差し切った勝利。鞍上が武(豊)Jとなれば、ユタカマジックで大きな責任を果たす意味でも心強くここは期待する。

△ ⑤ミッキースワロー 3着(4番人気)
七夕賞勝ち以降1、2、3、4、1着で4着のAJCCも不利があってのものだけに充実一途は間違いない。母系が短距離血統は気になるものの、スローペースで流れるなら内目の5番枠で理想のポジジョンも取れそう。散々悩んだが、菊花賞6着以来の3000mだが何をしでかすかわからない鞍上の手腕で好勝負を期待する。

× ⑭フィエールマン 1着(1番人気)
相変わらずのぶっつけで挑んでくる同馬だが菊花賞を勝ち昨年の天皇賞・春を勝ち連覇を狙うG1・2勝馬。大外枠となったが距離に能力、そして京都は2戦2勝、更に鞍上ルメールJならもう素直に信じるしかない。デキは昨年以上なら1年振りの勝利が同レースと期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線最後にきっちり差した1番人気のフィエールマン、
2着は早め先頭で脚を伸ばした11番人気のスティッフェリオ、
3着は後方外から追い込んだ4番人気のミッキースワローでした。

我が本命の◎ダンビュライトですが結果8着となりました。キセキの出方が気になるが肝心なスタートは、好スタートから一時スティッフェリオと並んだがスッと前へ。単騎逃げでマイペースの形を取れ縦長の展開へ。道中もゆったり折り合いをつけ向こう正面へ。まさかの中盤でキセキが外から先頭へ踊り出て2番手で追走する形になったのは誤算。今度は逃げるキセキを見る形で4角前へ差を詰めていく形で直線でしたが、一瞬オッとは思ったもののまさかの早め先頭のスティッフェリオにあっさり抜かれてそこからは…ジエンド。

馬券的には…1、3着は人気馬だけにどうでも良いが、2着にスティッフェリオ!?…もう1度言いますが2着にスティッフェリオ!?ですか。結果論ですが、母父ムトトですし…とかありますが、それでも日経賞3着から一気の距離延長であのフィエールマンにハナ差2着は想定外過ぎる。陣営も適正を見抜いてなかったという事になりますが、最後に勝ったフィエールマンはルメールJの手腕でG1・3勝目は昨年に続き競り合うよい競馬でした。そしてキセキはスタートも出れ折り合いもついた感じでこれは…と思ったのですが、最終的には後退していきましたね。東京のスイートピーSもそうですがコレで両レース共に1、3着で2着の人気薄を当てれず…残念です。。。

来週はサトノインプレッサやルフトシュトローム、レシステンシア等目移りしそうなメンバーのNHKマイルC(G1)、アドマイヤビルゴ出走予定の京都新聞杯と、G3にしてはかなりメンバーが揃う新潟大賞典が開催予定ですね。再度G1戦もありますが、高配当の的中に向けて頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました