【POG】ロードカナロア産駒で母ムーンライトダンスの2018となるキョウジの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

高齢での出産となりながらも高額落札額から期待大!?…と、気になる私です。父はロードカナロアで母ムーンライトダンスの2018となるキョウジを紹介したいと思います。

馬名:キョウジ(2歳・牡馬)
馬主:Gリビエール・レーシング
管理:友道師
落札額:1億6,000万円(セレクトセール2019年)
父:ロードカナロア
母:ムーンライトダンス
母父:ネオユニヴァース
デビュー予定:未定
鞍上予定:未定

父はロードカナロアと、先日のG1ヴィクトリアマイルでアーモンドアイが勝つ等古馬にひあ徐々にエンジンがかかってきたか。ただ2017世代としては今週末のオークスでは産駒は1頭もなし。距離適性もあると思うが球数が0というのは寂しい限りですね。2017世代は相変わらず厳しい状況ですが、この先良い産駒が出てくればいいのですが…そして、2018世代では大きく巻き返して欲しいですね。

また、母のムーンライトダンスですがアイルランド産のシンダー産駒で現役時はインターナショナルS(G3)を制し、通算8戦3勝で引退、繁殖へとあがっております。その繁殖生活ですが既に12頭の仔がおり、活躍馬はコレといった馬が結果として出してないが、インパクトがあったのはディープインパクト産駒で2008のムーンリットレイクで、500万下から1600万下まで4連勝をした時は今後が楽しみでしたが以降活躍できず。また、12番目の仔となった2017のハーツクライを配合したヒュッゲ(牡馬)が2連勝から挑んだ京成杯(G3)で2番人気に支持されるも10着に敗れたが、単騎で逃げれないと厳しそうな印象を持ちましたという事くらいでしょうか。

そんな中、2018のロードカナロアを配合されたキョウジがデビューを迎えるべく順調に調整をされている様です。活躍馬が出てない中でこのブログで取り上げたのは、昨年のヒュッゲは金子真人氏が9,000万円で落札しましたが、それを大きく上回る1億6,000万円で落札されたキョウジは余程デキが良かったという事でしょうか!?。ジェネラーレウーノやエタリオウに続けと高額な落札になってますが、それを証明するかの様に預託先も友道師の様ですし、この母からようやく活躍馬が!?と期待したくなります。父のロードカナロアか?それとも母父のハーツクライか?どちらが出るか楽しみではありますが、距離は2000mくらいまでこなせるとレースに幅が出ていいですね。

デビューはもう少し先の様ですが、この落札額はかなり気になり覚えておきたい。
そしてどんな走りを魅せてくれるか非常に楽しみです^^

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

うまとみらいと

本命党も穴党も必ず満足できる

どんな予想スタイルにも完全対応!
競馬予想に必要なものはココに全てあります。
毎週平均200名以上がプラス収支を達成している!

POG
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました