藤沢(和)師、2歳の日本馬を海外デビュー!?

どうも、あっぷるです。

藤沢(和)師が日本産の2歳馬を海外でデビューさせるとか異例の事を…

来週の産経大阪杯に出走後にロイヤルアスコットで開催する
プリンスオブウェールズステークスに出走するスピルバーグの帯同馬に、
日本で未デビューの2歳馬を帯同させ海外でデビューさせる意向がある様ですね。
まだ流動的の様だが仰天プラン。。。

ちなみに帯同馬は、インジャスティスとレッドアルソードの2頭。
インジャスティスはフォーエバーマークの半弟でファルブラヴ産駒。
レッドアルソードはスーパームーンの半弟でステイゴールド産駒の様ですね。
インジャスティスは山本氏の馬なんで可能性はありそうですが、
レッドアルソードは…東京サラブレッドクラブのサイトで、
『一部新聞各紙で英国遠征についての報道がなされてますが,
現時点ではその予定はございません』と書いてますね…^^;

まぁ、日本の競馬史上初の事だが日本のレベルは上がってるのは事実。
大変だとわかってはいても今のレベルと技術なら…僅かな可能性も。
と、個人的に思ってしまう。
この件に関してホント凄く興味があるので実現する事を願ってます。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする