2020年 セントライト記念(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったサトノフラッグはやはりきちゃいましたね^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑤ダノンファスト 12着(6番人気)
デビューは芝2戦で3着もダートへ転向し、前走不良馬場で2勝クラスを勝った勢いで菊花賞TRのここへ。全戦績が【3220】と着外なしの中で6戦が上がり最速とラストの脚もあり、芝へ再度戻して勝負にきた。鞍上も一貫して横山(典)Jと好感が持て春の実績馬相手にアッと言わせる結果を期待する。

◯ ⑪ココロノトウダイ 6着(8番人気)
1枚劣る感は百も承知だが、前走古馬相手の2勝クラスを骨折明けで最速の上がりで勝利。叩き2戦目の上積みとスタミナがありそうなだけに、いっその事早めに捲くって勝負して欲しいが…。デビューから【3102】と手綱を取る丸山Jに馬券圏内で期待してみる。

▲ ⑩ヴァルコス 5着(5番人気)
青葉賞2着から日本ダービーへの権利を取り、本番では6番人気まで支持されるも14着の大敗を喫してしまった。休み明けは4着の実績もあり、スタミナがある同馬はこのタフなコースが合う気がしてならない。そして佐々木主浩氏の馬運もさすがと言わんばかりでここは馬券圏内で期待する。

△ ④フィリオアレグロ 7着(3番人気)
デビュー2戦目で共同通信杯(G3)で3着、続く青葉賞(G2)で日本ダービーへの切符とはならず3着。キャリアが少なくも血統的能力はさすがと思わせる3戦で、4ヶ月の休養が更にパワーアップをさせた可能性は大。デムーロJとは【1010】で中山コースの実績もありここは菊花賞(G1)へ向け権利取りを期待する。

× ⑦ガロアクリーク 3着(2番人気)
皐月賞(G1)の予想でお世話になった私だが、日本ダービーで6着と勝ち馬コントレイルはともかく、サリオス以下には0.4秒差なら悲観する内容ではなかった。夏の休養でパワーアップし、鞍上は継続机上の川田J。昨日のリアアメリアを復活の重賞勝利に導き、自身も秋競馬に向け復活をと好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着はマイペースの逃げからまんまと逃げ切った4番人気のバビット、
2着は直線一瞬伸びると思いきや伸びきれずも踏ん張った1番人気のサトノフラッグ、
3着は前目の競馬から押し切ると思いきや2番人気のガロアクリークでした。

期待も鞍上は直線で追わず…

我が本命の◎ダノンファストですが結果12着と最下位になりました。脚質的にも鞍上的にポツンになりそうな気はするが…やや真ん中の枠からのスタートはスッと出れました。1角までは中団の内へ潜り込む形になったのは意外。道中は中団の6~7番手の内で折り合いも付き脚を溜める形になりましたが、もっと後方からの競馬と思ってただけに…3~4角でもポジションが変わらずで前が4角回るところでもまだ後ろ!?。直線ではもう鞍上は相変わらず追ってないですからねwww…こうなるとどうにもなりませんでした^^;

勝ち馬は逃げ切りの重賞2連勝に目下4連勝!

馬券的には、1着バビットの逃げ切りは想定外でしたが内田Jに乗り替わり重賞連勝で目下4連勝。貴重なナカヤマフェスタ産駒でコレは菊花賞(G1)でひょっとしたらひょっとするか!?、そして2着はサトノフラッグは中団から手応え十分と思いきや勝ちきれず、3着のガロアクリークは前目の競馬でサトノフラッグに差されてしまったのはイタダケないかな。しかし、4、1、2番人気と1頭くらい穴馬がくるかなぁ?と期待してましたが、結果は3連単12,600円とこの頭数でこのメンバーですから致し方ない配当です。穴党の出番はなしでしたが、ハラハラもない情けない予想で申し訳ありませんでした。

来週はオールカマー(G2)と神戸新聞杯(G2)が開催されまますね。オールカマーにはカレンブーケドールが、そして神戸新聞杯にはコントレイルが出走してきます。コントレイルの秋初戦ですが3冠に向けて更にパワーアップとなってるのか楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました