レッツゴードンキ 廣崎利洋氏

どうも、あっぷるです。

昨日行われた牝馬クラシック第一弾は、
レッツゴードンキが4馬身差で1冠目の勝利となりましたね。

馬主は建築事務所を経営している廣崎利洋氏。
28年目にして念願のG1初勝利がクラシック制覇ですか。おめでとうございます。

馬名の由来が、あの総合ディスカウントストアの
ドン・キホーテから名づけられた様ですね。
どうやらドンキ創始者の安田隆夫様と廣崎氏が知人だった様で、
安田様の提案でこの馬名になった様ですね。

個人的には新馬の時から変な馬名だな?と思ってたのですが、
G1を取ってしまえば…なんか良い馬名になってきてますね。
秋華賞を勝ったティコティコタックと同じ様な感覚かな(笑)

しかし、廣﨑氏の所有馬を見たらストレイトガールはともかく、
ネヴァブションも所有してたのですね!ネヴァブションと言えば鞍上は後藤ジョッキー…で、
重賞ではG2で3着が定位置というイメージが残ってるなぁ。
また、ドニカナルボーイも1600万下だが堅実に走ってますよね。

28年目の馬主生活でようやくG1奪取。
今後が非常に楽しみになる馬主様ですね。

今後の活躍を心よりお祈りいたします。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする