2020年 府中牝馬ステークス(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったダノンファンタジーは飛び、◎◯を当てるも…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑧サムシングジャスト 8着(3番人気)
今年の3勝クラスの初戦は3着だが次走即快勝し、前走のクイーンS(G3)に参戦も9着。ただ、外枠で敢えて後方2番手から勝ち馬に0.4秒差で、外を回し直線でヨレた分を加味してこのクラスで通用するはず。鞍上も【3113】と着外3度の内2度は4着と、好相性の松山Jに戻り激走を期待する。

◯ ⑥シャドウディーヴァ 2着(6番人気)
正直馬場悪化となれば跳びが大きいだけに半信半疑ではあるが、血統的にはこなしても…。東京新聞杯(G3)で2着以降、二桁着順続きも前走クイーンS(G3)で4着と復調気配を見せた。右回りより断然左回りが得意で鞍上は継続の内田J、そしてこうの頭数なら期待する。

▲ ③フェアリーポルカ 8着(3番人気)
牝馬限定の重賞を連勝をし、前走2番人気で挑んだクイーンSで斤量56キロの影響と、個人的には内へ潜れなかったのもありそうだが、洋芝が!?と思いつつも、勝ち馬から0.2秒差の6着は魅力。また鞍上も茂るピンクダイヤではなく、コチラを選んだ和田Jの手腕にも期待する。

△ ⑦トロワゼトワル 4着(4番人気)
快速のスマイルカナが飛ばす前走京成杯AH(G3)を4番手から、道中徐々にポジションを挙げて最後はハナ差勝ち。逃げずとも結果を出したが、今回のメンバーなら重賞で逃げて2勝の単騎逃げは絶好のチャンス。ヴィクトリアマイル4着の底力と、鞍上横山(典)J【3101】の好相性さに相手は強くなるが期待する。

× ⑤ラヴズオンリーユー 5着(1番人気)
ドバイ遠征で中止となり戻ってきた初戦ヴィクトリアマイルが7着と初の馬券圏外と力を出せず。また前走鳴尾記念(G3)では勝ち馬とタイム差なしとハナ差2着もまだ本来の伸びとは思えずも格好はつけた。休み明けだが本来の動きを取り戻した様だし、オークス勝ちの東京で好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬場の外からスイスイと脚を伸ばした7番人気のサラキア、
2着は勝ち馬の内寄りから脚を伸ばした6番人気のシャドウディーヴァ、
3着は内を付いてグイグイ追い込んだ8番人気のサムシングジャストでした。

我が本命◎サムシングジャストは3着!

我が本命の◎サムシングジャストですが結果3着となりました。8頭立てではありますが大外からのスタートは、まずまずと言った感じのスタートとなりました。2角まではそのまま馬なりで後方外に位置取る事になりました。道中はまさかの最後方からの競馬となり、個人的には絶望的な位置取りで追走。折り合いも付いて3~4角中間で前に追いつく感じで直線へ。その直線では逃げたトロワゼトワルの後ろを追う形で内側ぁらグイグイ脚を伸ばし3着に食い込みました。鞍上との好相性からうまく馬券圏内に入ってくれましたね。

2着シャドウディーヴァも持ってるが!…

馬券的には…◎のサムシングジャストが3着、◯のシャドウディーヴァが2着となりましたが1着のサラキアがヌケ…今年はホント1頭ヌケが多く的中に見放されてる感じですね。因みに馬場悪化で【0002】と2度飛んでたサラキアを今回も重馬場と踏んでフェアリーポルカに変えたのが運の尽き。結果的に3連単189,020円を逃す始末に…穴党なのに守りに入ってしまい、無念。これも競馬ですが悔しい選択をしてしまいました…明日頑張ります。

その明日は牝馬クラシック最終戦の秋華賞です。デアリンクタクトはどんな馬場でも…という印象ですが馬券圏内で中波乱が起きれば!と思ってる私ですが、G1的中に向け頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました