2020年 秋華賞(G1) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

また来たら仕方ないで切ったリアアメリアとウインマイティーが飛んでくれましたが1頭ヌケ…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑮ミスニューヨーク 5着(16番人気)
デビューが12月と遅めで、後方から道中徐々にポジションを上げ最速の上がりで追い込んだ3戦目が初勝利。以降、1→3→1着と力を付け挑んだ紫苑S(G3)の前走は4角で一時進路がなくなっても勝ち馬と0.3秒差の5着なら…。抽選を潜り抜けた運、レースセンスの良さを武器に一発を期待してみる。

◯ ⑫マジックキャッスル 2着(10番人気)
桜花賞は重馬場に尽きる、そしてオークスでは距離不安も5着で勝ち馬と0.4秒差と差はそこまでなかった。前走紫苑Sも4着と勝ち馬マルターズディオサには0.2秒差と力は見せ、馬の能力と鞍上大野Jへテン乗りは興味津々な私。叩かれた上積みもあり、最後の1冠で大健闘を思わせる激走を期待する。

▲ ③マルターズディオサ 7着(4番人気)
桜花賞は馬場不向きで8着、オークスは10着も距離の壁とみている私で度外視している。仕切り直しの前走紫苑S(G3)では、2番手から強い内容で地力を証明する巻き返しの勝利。再度同距離で叩かれた上積みと、ごちゃ付かずなら阪神JF(G1)2着馬の底力で馬券圏内を期待する。

△ ⑰ウインマリリン 15着(5番人気)
フローラ賞(G2)を勝ち挑んだオークスは、主戦横山(武)Jが騎乗停止で父横山(典)Jに乗り替わりの2着。そして3冠最後の秋華賞へ向け前哨戦を使うと思いきや、よもやの気になる“直行”を陣営は選択。半信半疑ではあるが調教や馬体成長とかなり順調の様で妥当デアリンクタクトへ好走を期待する。

× ⑬デアリンクタクト 1着(1番人気)
デビューから無敗で桜花賞、オークスを制しクラシック牝馬2冠の現状。ぶっつけで挑むも陣営は抜かり無い仕上げで挑む様なら極めて3冠の可能性は高いはず。穴党の私でも馬券圏内率は高いとみて素直に入れておきます。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬場の真ん中から一気に脚を伸ばした1番人気のデアリンクタクト、
2着は勝ち馬の後ろを追いかけた10番人気のマジックキャッスル、
3着は競り合いでハナ差制した9番人気のソフトフルートでした。

5着も直線入り口で前が詰まっては…

我が本命の◎ミスニューヨークですが結果5着となりました。外枠でしたがスタートはまずまずで、1角へは外目から前目へポジションを取りにいきましたね。2角へは中団の外を回る形になり、道中は中団よりやや前目に位置取り折り合いも付き前を追いかける形になりました。3角で馬群が固まり直線入り口では馬群の中へ突っ込む形になりました。その直線では完全に前が詰まる形になり、周りがどんどん前を行く状況…。そんな中で直線豪快に追い上げ5着まできましたが、直線でのポジションがほんと悔やまれる結果となりました。

3着に9番人気ソフトフルート!?…

馬券的には、1着デアリンクタクトはともかく10番人気2着マジックキャッスルで馬連なら当たりもこの予想は3連単のみで、3着の9番人気のソフトフルート!?…がヌケでハズレ。人気上位のホウオウピースフルやクラヴァシュドールは微塵も興味なく、ウインマイティーにリアアメリアにミヤマザクラを消したにも関わらず、当てきれないこの情けない予想。うーん、3連単44,110円となり好配当でしたが残念ながら当てることができませんでした。そしてデアリンクタクトは史上初の快挙で無敗牝馬の3冠を達成しました。ホント強いの一言ですね!今後がどんなローテで行くのか?そしてアーモンドアイや
強力牡馬相手にどんな結果を出すか楽しみですね!

来週は3歳牡馬クラシック最終戦の菊花賞(G1)にコントレイルが参戦と富士Sです。特に3000mの長距離戦になり血統的に予想を組み立てないところですが、さぁ、牡馬3冠馬が出るか!?と本番が非常に楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました