2020年 ニュージーランドトロフィー(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 G2レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

強いと言いながら来たら仕方ないで切ったルフトシュトロームが3連勝となりましたね^^;
そんな私の予想は、

◎ ②カリオストロ 13着(4番人気)
前走G3のフィリーズレビューでは1番人気に支持されるも最内1番で前走同様逃げる展開までは良かった。が、想定よりハイペースで前半走った分が直線最後の踏ん張りに繋がらずも4着には踏ん張ったと思いたい。距離マイルに関しては未知だが、叩かれた上積みにヒューイットソンJの手腕で馬券圏内で期待する。

◯ ⑯ウイングレイテスト 3着(7番人気)
前走が休み明けで初距離の1400mだったが実績のある重馬場で期待をするも結果は6着と奮わず。だが、3走前には8着馬は後のきさらぎ賞馬、6着馬は後のジュニアC勝ちにG2で3着の結果を出したレースで9番手から追い込み2着。1600mへ戻るのもプラスで叩き2戦目、松岡Jが乗れず大外は想定外だが体調も良く馬券圏内で期待する。

▲ ⑤ペールエール 15着(6番人気)
G1朝日杯FSの敗因は流れにとまどったのか?4番人気に支持されるも16着の最下位は鞍上が無理をしなかったと見ている。新潟2歳とデイリー杯2歳の着順は力上位で、初コースの中山でも過去の内容から合いそうな印象。鞍上は桜花賞で乗り替わりとなったレシステンシアの分も結果を出したいだろう北村(友)Jに期待する。

△ ⑨オーロラフラッシュ 7着(1番人気)
1勝クラスを勝った前走だがルメールJを背に2番手から最後はきっちりクビ差交わし最速の上がりで勝利。馬体がプラス6キロと増えてた様に成長を感じさせる内容でマイルが向く印象。過去の相手関係は気になるものの、OPで善戦するラインベックに東スポ2歳Sで0.2秒差ならこのメンバーでも期待してみたい。

× ⑩ハーモニーマゼラン 6着(3番人気)
使い詰めな気もするが3走前はサクセッションに0.4秒秒差、そして2走前はレシステンシアに0.3秒差の共にリステッドで2着。前走の中山では1勝クラスで危なげない逃げから2着以下を離す競馬で力の違いを魅せたレース。今回はG2で且つ同型もいるが、調教の良さと安定味から好結果を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線であっり突き抜けた2番人気のルフトシュトローム、
2着は勝ち馬の内で競った5番人気のシーズンズギフト、
3着は後方大外から豪快に脚を伸ばした7番人気のウイングレイテストでした。

我が本命の◎カリオストロですが結果13着となりました。同型がいる中で内の同馬が逃げるであろう公算でしたが期待したそのスタートは、二の脚が早くスッと前に出て逃げる形と思いきや最内の馬も一緒に並んで走る形は大誤算。1角過ぎにようやく先頭に立ちましたが、この影響がどう出るか…。道中は折り合いがついてましたが、想定より早いペースになったまま直線へ。内を取り、ここからと思いきや早い段階で捕まってしまったのは前半の競り合いが響いた感じと思い無念でした。

馬券的に人気がないなぁ…と思って入れていたウイングレイテストは3着にきてくれましたが、1着の強いと思って切った馬はともかく、2着のシーズンズギフトは全くの度外視。ルメールJのオーロラフラッシュ、大野Jのハーモニーマゼラン、北村(友)Jのペールエールが尽く飛びましたね。いやぁ、オーロラフラッシュは半信半疑な気もありましたが3頭とも話になりませんでした。うーん、最近予想がヘタで当てることができてませんが我慢の時と思っています。

明日は桜花賞ですね。また人気馬を来たら仕方ないで数頭切る予定ですが、波乱を期待して的中を狙いたいと思っております。

タイトルとURLをコピーしました