2020年 阪神牝馬ステークス(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果G2レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったシゲルピンクダイヤは飛んでくれましたが…^^;
そんな私の予想は、

◎ ⑫トロワゼトワル 15着(8番人気)
前走は大外もあるが横山(典)Jを加味すればの16着で勝ち馬に2.9秒差は察しがつき、むしろ配当妙味が出そう。魅力は2走前で京成杯AHを初の逃げからハンデ戦とはいえ2着に3馬身1/2差をもつける楽勝で重賞初制覇。鞍上はテン乗り藤岡(康)Jになるが、タイムもあり立て直した効果に期待する。

○ ⑥ノーワン 13着(15番人気)
フィリーズレビューを勝った以降、勝ち星どころか着差までも厳しい結果が続いてるが敗因を探ると…、G1・3戦は力の差を感じ、4、2、前走は馬場がプラス16キロ・馬場悪化で度外視。ただ3走前の阪神Cが5着と、勝ち馬はともかく2~4着馬に0.2秒差内なら、良馬場でこそと重賞実績のあるコースで一発を期待してみる。

▲ ⑮スカーレットカラー 2着(6番人気)
近2走がG1だからというよりは2200mでも思ったが、2500mは明らかに距離の長さを痛感したレース内容。3走前には先日でG1・3勝目を上げたラッキーライラックを相手に最速の上がりで豪快に交わし重賞初勝利を決めた。牝馬限定戦で距離短縮は大幅プラス、ヴィクトリアマイル向け叩き台の可能性もあるが…期待してみる。

△ ⑬ダノンファンタジー 5着(1番人気)
前走秋華賞のレースは8着と1番任期に支持されるも距離に泣いた感じだが、この世代でマイルの牝馬では筆頭格。更に今回阪神と【4001】でG1阪神JFを勝ち、着外1回は桜花賞の4着。媒体が大幅に増えてそうだが成長分とみている。休み明けとはいえ不調の川田Jでもこの馬を馬券圏外は考えにくく、素直に期待してみる。

× ②サウンドキアラ 1着(番人気)
1000万下の身ながらG1ヴィクトリアマイルに挑みノームコアいn0.7秒差の7着馬が今年に入り目覚めたか。京都金杯で後の高松宮記念3着のダイアトニックを、京都牝馬Sで今回の4歳牝馬達をほぼ撃破し2着に1馬身以上の差で勝利。休み明けで阪神コース【0220】であれば再度好勝負とみて期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線あっさり抜けた2番人気のサウンドキアラ、
2着は後方外から鋭い脚を伸ばした6番人気のスカーレットカラー、
3着は直線2番手からジリジリ脚を伸ばした11番人気のディメンシオンでした。

我が本命の◎トロワゼトワルですが結果15着となりました。休み明けの5歳で+20キロの馬体重は…と思う中で肝心なスタートはうまく決めてくれました。また1角まででベストポジションの前へ行くと外からかぶせる形で先頭へ。道中はスッと押さえて自信のペースで後続を連れて逃げる形で折り合いもつき平均ペースで直線へ。馬場の内1頭分を開け逃げるが後は馬体の太さが気になったが…そのままズルズルと後退していきましたはやはり太かったかな…。

馬券的には、1、2着を持ってても3着ディメンシオンがヌケ。言い訳にしかなりませんが、これトロワゼトワルを推した時点で京成杯AHで2着馬だったので一緒に推す予定が、急遽ノーワンに変更で自爆しました。そしてトロワゼトワルが+20キロにダノンファンタジーが+22キロはちょっと太すぎですよね。配当妙味に拘り過ぎてノーワンにした予想でしたが3連単が14万馬券…うーん本当にバカでした><

明日は桜花賞ですね。牝馬クラシック第一弾の勲章はどの馬に!?。G1だけにきっちり的中に向けて頑張りたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました