2020年 太秦ステークス(OP) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったナムラカメタローは飛びましたが…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑨タガノディグオ 13着(11番人気)
1600万下を卒業して以降8戦が全て、勝ち馬から0.9秒差以上離されるという厳しい状況。だが兵庫CT(G2)勝ち馬でJDDで3着の実力馬、前走は屈腱炎明けで18キロ増の馬体で14着は仕方ない。得意の京都【0402】で2着4回は何れも最速の上がりとなれば激走を期待してみる。

◯ ⑦アッシェンプッテル 3着(3番人気)
近2走もそうだがやはりラストの脚はほぼ確実に使えるも、展開の助けが必要なのは否めない。だが、前走の休み明けはほぼ最後方から最速の上がりで4着まで追い上げた脚は魅力。叩かれた上積みと鞍上は1戦1勝ちの藤岡(祐)Jに乗り替わり、更に配当妙味的にも期待する。

▲ ⑩デザートスネーク 9着(12番人気)
初の芝で2600mに参戦した前走が、勝ち馬に2.6秒も離される11着と芝は合わなかった。今回はダートに戻り、得意の1800m【3031】の距離に3着が1度ある京都コースならひょっとすると!?馬場悪化はともかく、テン乗り酒井Jの新味と展開次第で激走を期待してみたい。

△ ④クリンチャー 4着(1番人気)
ダートに転向し【0410】で上がり4回を最速のもの。勝ちきれずとも重賞戦も含め馬券圏内率100%と抜群の安定感は素晴らしい。今回は休み明けで気になるものの乗り込み量は十分との事で、斤量が58キロは前走で克服済み。鞍上は有馬記念(15着)で騎乗以来の福永Jに乗り替わるが好勝負まで期待する。

× ③ベストタッチダウン 1着(2番人気)
昨年の夏過ぎから1勝クラスを1.7秒差、2勝クラスと3勝クラス共に0.5秒差で2着馬を引き離しての逃げ切り勝ちで3連勝。そして前走のアンタレスS(G3)で1番人気も、よもやのスタートで躓き14着は度外視できる。休み明けの実績もあり、3連勝の内容を考慮してもこのクラスでは通用するはずで期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は逃げからまんまと押し切った2番人気のベストタッチダウン、
2着は直線最内を鋭い脚で追い込んだ10番人気のビックリシタナモー、
3着は馬場の真ん中から追い込んだ3番人気のアッシェンプッテルでした。

我が本命が最下位…

我が本命の◎タガノディグオですが結果13着の最下位となりました。真ん中の枠でしたがスタートはスッと出れ1角前までに外からポジション取りへ。2角までには前とやり合う感じに見えましたが、2番手で折り合いが付く感じへ。道中は2番手から逃げ馬を追う感じでしたが…残り600mでも手応えも怪しく感じながら、直線入り口では後続に捕まる感じ。その直線では余力も残っておらずズルズル後退していき結果的に最下位という話しにならない結果でした。

先日に続き、またもや1~3番人気を予想に!?…

馬券的には、まさかのウチからスルスルと抜けてくるのが京都【0004】の10番人気ビックリしたよもぅのビックリシタナモーでしたね。1着ベストタッチダウンや3着のアッシェンプッテルはともかく、
馬場も不良馬場という事で【0302】が生きた感じでしょうか。3連単はまさかの197,410円と10万円超え…ここまで配当が上がるとは思いませんでした。また個人的な部分ですが穴党では情けない、1~3番人気を予想に入れてしまう始末。予想時点ではアッシェンプッテルが5~6番人気と想定してましたが、3番人気…そして何度考えてもビックリシタナモーを予想に入れる事ができないと実感しましたwww。

明日はデアリンクタクトが歴史的3冠馬になるか!?の秋華賞ですね。諸事情により予想はその1レースになりますがG1予想的中に向けて頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました