2015年 皐月賞 予想

どうも、あっぷるです。

牡馬、クラシック第一弾の皐月賞当日です。
回避馬が3頭もでて15頭立てとなりますがそれでも予想はかなり難解です。
それでは俺の競馬予想です。

◎ ⑬コメート
前走はイレ込みとレース中に他馬とも接触に稍重馬場で度外視して、
良馬場でホープフルステークスの再現ができれば一発も。

○ ⑫ミュゼエイリアン
先行策が見事に能力を引き出し時計も優秀だと思えたレース。
私的にはノッてる柴山ジョッキーで主力組に一泡吹かせるのを期待したい。

▲ ①ブライトエンブレム
前走の勝ち馬より明らかにロスがあったにも関わらず差は0.2秒。
更にはサトノクラウンより上がりが早いなら逆転もあり得るだけに期待したい。

△ ②ドゥラメンテ
未勝利とセントポーリアの爆発力、そして掛かりっ放しの前走でも
最速の上がりで2着を確保。距離経験がない部分は気になるが、
そこは皐月賞請負人のミルコデムーロジョッキーに期待する。

× ⑤リアルスティール
このブログでも共同通信杯の予想から推してましたが今年はこの馬はと思ってる私。
あまり多く語らなくてもいいと思いますが勝ち負けを期待します。

サトノクラウンは里見氏がG1では不安、マルジュ産駒は未知という2点が気になり
来たら仕方ないで切ります^^;

上記、

①②⑤⑫⑬

5頭3連単BOX60点で勝負!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

これは元関係者の情報だとか
1年に1回レベルの再現性のない予想法だとか、
そんなチャチなもんじゃありません。

あなたがこれからずっと競馬で稼げる、
的中人間になるための方法をお伝えします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 競馬ファンの97%は負け組!!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

きっとあなたは今、満足のいく程、
競馬に勝てていないですよね。

私が、なぜこんなことがわかるのかというと、
世の中の競馬ユーザー97%は負け組だからです。
これは10年前から変わらない事実。

あなたの三連単の的中率は何%ぐらいですか?
プロが10%前後なので、、、、
あなたは調子が良くて5%ぐらいですかね。

収支はどうですか・・・?
考えるまでもなく、マイナスじゃないですか?

あなたは、

  人人_人_人_人_人_人人 

  このままでいいんですか?

  ∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨

いいわけないですよね。

このままではいけないと思ったあなたに、
シンプルでパワフルな解決策があります。
それはこの競馬データを使う事。
※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    あなたの的中率を
 プロ予想家の3倍にする競馬データ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この競馬データを使えば、
あなたの5%だった的中率は7倍以上になります。

具体的には、、、、

  三連単の的中率は驚異の37%
  ─────────────

的中率37%とは三連単が3回に1回当たるということ。
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして、プロの3倍以上の的中率ということです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この的中率、単勝じゃありませんよ。
もう一度言いますが、“三連単”の的中率です。

嘘だと疑っていますよね?
私もあなたの立場なら疑っているでしょう。

でも、実際に競馬歴5カ月の初心者がこのデータを使って、
月間収支+42万円を達成した事実があるんです。

あなたも「的中人間」になって、
三連単を飽きるほど的中させたいと思いませんか?

\この競馬データならあなたの夢を実現できます/
※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ここまで読んでくれたあなたに
 この競馬データを○○で公開。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここまで読んでくれてありがとうございます。

少しはこの競馬データの凄さが伝わったと思いますが、
結局は使わないとわからないっていうのが本音ですよね。

だから、この競馬データを無料で開放します。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

下のURLをクリックして、
簡単30秒の無料登録で今週末から使うことができます。

※無料公開中※

これは無料で「的中人間」に変わるチャンス。

もちろん、使うかどうかはあなた次第です。

稼ぎたいと思うなら、無料開放中の今のうちに試してください。

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする