2021年 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったヴェルトライゼンデが2着にきてしまいましたか…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 10 モズベッロ 5着(7番人気)
前走の有馬記念では15着と全くの見せ場なしも、帰厩後の外傷でローテが狂いマイナス10キロで参戦は度外視する。今回は1度使われた上積みと、G1馬のサートゥルナーリアやラッキーライラックに先着した宝塚記念3着の実績はダテではない。テン乗りだが北村(宏)Jの手腕で新味にも期待してみる。

◯ 2 サンアップルトン 10着(9番人気)
3勝クラスを勝った以降、G2を3戦で4、6、3着で内2戦は勝ち馬を凌ぐ最速の上がりで着差も0.4秒差以内。4戦連続G2戦の今回は、初の重馬場となりそうだが前目、中団、後方とどのポジションでも柔軟にこなせるのは魅力。ゼンノロブロイ産駒で持久力勝負も合いそうで一発を期待する。

▲ 12 ステイフーリッシュ 4着(4番人気)
全22戦中新馬勝ち以降21戦全て重賞レースを使われており、G1で3着を始めG2で1勝2着1回3着3回、にはG3で3着3回と勝ちきれずも安定した実績を残している。今回は骨折明けだが距離【1220】に中山【0220】で去年はこのレースで2着…また、鞍上は気がかりも骨折明けで人気が落ちるなら配当妙味もありとみて期待する。

△ 1 サトノフラッグ 11着(2番人気)
牡馬クラシックは皐月賞5着にダービー11着、そして菊花賞で3着と弥生賞勝ちの期待度から結果が伴わず。ただ次走への間隔が空いた1勝クラス、弥生賞、セントライト記念と好走率が高い印象で今回の休み明けはプラスかも!?。距離短縮に最内1枠1番の重馬場で勝った弥生賞からも、馬場悪化はプラスとみて期待する。

× 9 アリストテレス 1着(1番人気)
菊花賞での一騎打ちは見どころ十分で、勝ち馬コントレイルを凌ぐ最速の上がりでクビ差2着は上等。とはいえまだ2勝クラスを勝った身で重賞勝ちどころかL、OPを勝ってない。それでもポテンシャルの高さを魅せつけた菊花賞、そして鞍上の好調さから好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線スッと抜け危なげなく脚を伸ばした1番人気のアリストテレス、
2着は直線外目から脚を伸ばした3番人気のヴェルトライゼンデ、
3着は後方から1、2着馬の間に入って追い込んだ6番人気のラストドラフトでした。

よもやのまた出遅れ…

我が本命の◎モズベッロですが結果5着となりました。こちらも不良馬場で開催となりますが、真ん中よりやや外枠のスタートでまたもや出負け。1角までは腹をくくって後方の外にポジション取る形になりました。道中は中団のやや後方で追走でしたが、1000mを過ぎスッと中団へ押し上げ徐々に前に詰める形でしたがムチが。直線では馬場の真ん中よりやや外に進路を取り、かなり良い脚で脚を伸ばしここまで上がってきたなら馬券圏内にまで来てほしかったが出遅れが響きその位置取りでは…と、5着まででした。

不良馬場も堅い結果に…

予想的には、1着アリストテレスはこの馬場も苦にせずやはり強かったですね。2着はコントレイルと惜しい競馬を続けたヴェルトライゼンデ、昨年の3着が今年も3着に好走したラストドラフトでした。ヴェルトライゼンデが2番人気と思いサトノフラッグを入れたが…3着ラストドラフトは鞍上で切り噛み合わず。そして本命馬◎は出遅れで◯はプラス12キロ!?と、言い訳にしかなりませんが勝ち馬以外は選べず無念の予想となりました。また不良馬場で波乱を期待も3連単14,640円と荒れはしませんでした…もう次っ!という感じです。

来週は根岸S(G3)とシルクロードS(G3)ですね。好調なルメールJは根岸Sでタイムフライヤーに騎乗の様ですが穴馬が飛んでくる事を願いたい私です。

タイトルとURLをコピーしました