【POG】ダイワメジャー産駒で母ウィーミスフランキーの2019となるドンフランキーの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

順調さは何よりでこの母からそろそろ走る仔が出ても!?、父はダイワメジャーで母ウィーミスフランキーの2019となるドンフランキーをご紹介したいと思います。

ドンフランキーのプロフィール

馬名:ドンフランキー(2歳・牡馬)
馬主:早野誠氏
管理:斉藤(崇)師
落札額:6,800万円(セレクトセール2019)
父:ダイワメジャー
母:ウィーミスフランキー
母父:サンリヴァー
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

今年のクラシックへは…

父はダイワメジャーとなり、先週の2018世代では残念ながら勝鞍はありませんでしたね。また、先週の桜花賞(G1)で産駒の出走はなく、今週末の皐月賞(G1)にも産駒の出走はない予定とクラシックへは厳しい状況。現状産駒の筆頭格が京王杯2歳S(G2)馬となったモントライゼで、距離的にもNHKマイルC(G1)の方が有力でしょうか。古馬では高松宮記念でG1・2勝目を取りこぼしたが秋に向け大きなところが取れそうなレシステンシアがいますし、距離に壁はあるが特に牝馬路線でのクラシックで活躍する馬が出てくるといいんですね。

母からまだ活躍馬が…

母はウィーミスフランキーで、米国産のサンリヴァー産駒ですね。現役時は、デルマーデビュタントSとオークリーフSのG1を2勝し通算5戦3勝で引退し繁殖へと上がりました。かなり期待された繁殖生活ですが、代表産駒と言えば…コレと言った馬がいない状況で、忘れもしない2014のザウォルドルフ(父)ディープインパクトが1億4,000万円で落札されたものの中央で1勝もできないまま地方で4勝中。その後もダノックスや近藤氏なども仔を落札されてるが厳しい結果となりました。

短い距離での活躍が期待できそう!?

そんな中、ドンフランキーと馬名が決まった6番仔にはダイワメジャーを配合されました。また、馬主は早野誠氏との事で初のダイワメジャー産駒を所有で、預託先は斉藤(崇)師とこの血統は初の管理となりますね。馬体はかなり大きく550キロ近くある様ですし、父ダイワメジャーからも距離適正はマイル以下という感じでしょうか。ゲートは既に合格しておりこの状況だとPOG的にも早い段階で始動できそうなのは強みですね。血統的にも面白そうですし、この母からも活躍馬が出るのを期待したいところです。

タイトルとURLをコピーしました