2021年 中京記念(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったロータスランドは飛びましたが…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 2 ダノンチェイサー 10着(7番人気)
近2走のリステッドが9、9着だが距離不足と重馬場と敗因はそう感じている。また3歳にはきさらぎ賞(G3)を勝ち、昨年小倉日経OPでは57キロ斤量で勝ち馬で54キロのあのサラキアに0.3秒差、そして2着は今回上位人気のボッケリーニが56キロ。斤量が逆転、重賞勝利の距離、アンドラステの鬱憤を晴らすべく岩田(望)Jの奮起に期待する。

◯ 1 ミスニューヨーク 4着(8番人気)
前走も△に推したが15着の大敗…その前走は距離不安+展開が合わず、51キロで後方から追い込んで2着のクラヴェル以外は前残りの競馬。今回は同じ1800mでも小倉芝1800mは【1100】と得意の条件。ハンデ戦で52キロの恩恵も味方に、加藤(祥)Jに重賞で好走を期待する。

▲ 9 ボッケリーニ 6着(2番人気)
小倉日経OPと小倉大賞典の同舞台で2着2回の実績。、そして全兄がG1・2勝のラブリーデイが5歳で開花した血だけに同馬もそろそろ!?。前走は持ち前のラスト鋭い脚が使えない馬場で5着。今回は良馬場が見込めそうで鞍上は主戦松山Jから小倉大賞典で2着に導いた浜中Jへバトンタッチ。トップハンデだが期待する。

△ 10 ディアンドル 8着(4番人気)
1200mで5連勝(OP、L、Gを含む)の快速馬がスランプに突入。不振続きから3走前に団野Jに乗り替わった小倉大賞典3着に、福島牝馬Sで重賞初制覇と息を吹き返した1800m戦。前走ヴィクトリアマイルで番手から4着と好走も、今回同型がおらず逃げ確実。55キロのハンデだが、超高速コースの小倉で期待する。

× 3 アンドラステ 1着(1番人気)
重賞でも堅実な馬で前走初の最長2000mは、道中力む感じも最後は勝ち馬に0.4秒差の4着に踏ん張った。骨折明けを叩かれ距離短縮の1800m【1101】に内枠3番、そして鞍上が川田Jに乗り替わりで好条件ばかりでチャンス!?。器用さも味方に好走を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線最後にグイッと一伸びで決めた1番人気のアンドラステ、
2着は直線後方大外から豪快に追い込んだ6番人気のカテドラル、
3着は最内を突いて軽量を生かし追い込んだ5番人気のクラヴェルでした。

横山(望)Jに奮起を期待したが…

我が本命の◎ダノンチェイサーですが結果10着となりました。枠は内枠2番からのスタートでしたがゲートはやや後手な感じでしうたが前にポジションを取るべく出していきました。1角では5~6番手の内に位置取り前を追いかける形。道中はやや行きたがってる感じでしたが何とか踏ん張ってる感じ。3角で落ち着き、4角で徐々に差を詰めての直線でしたが…その直線では、内目を突きましたが伸びきれずジエンドでした。

川田Jに福永Jに横山(典)J…ベテラン決着

予想的には、1着アンドラステは裏本命にしましたがさすが川田Jですね、岩田(望)Jも降ろされたが結果を出されてはお手上げでしょうね。2着は直線で大きく膨らむも後方からズドンで追い込んだ福永Jのカテドラル、3着は52キロでも全く度外視していた横山(典)Jのクラヴェルでした。3連単は25,030円とココ最近の夏競馬では穏やかに終わった感じですね。しかし、穴頭ながら敢えて狙った人気のディアンドルは馬券圏内に入れずで何をしてるんだか…そしてミスニューヨークが4着と穴馬で頑張って欲しかったが、今回も情けない予想でした。

次週はアイビスサマーダッシュ(G3)ですが、頭数がかなり少ないのは残念。波乱も厳しそうですが…そして穴党でも負け過ぎは良くないし、そろそろ夏競馬で大きいところを当てたいところです。

タイトルとURLをコピーしました