2021年 レパードステークス(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったレプンカムイが3着にきましたね…^^;
そんな私の予想は。

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 11 ノースザワールド 4着(7番人気)
まだ芝で…と思うも、初ダートの前走が後手を踏んで最速の上がりからタイム差なしながらいきなり差し切り勝ち。再度ダート重賞戦でエントリーが多かった“抽選突破”した運、そして芝のG3アーリントンCで魅せ場たっぷりの末脚のポテンシャルからここもで。主戦松山Jで折り合いが付く今なら後方ズドンで期待してみる。

◯ 8 テイエムマジック 14着(9番人気)
1400mの新馬勝ちから6戦目だった前走、わらび賞(1勝クラス)では今回と同舞台の新潟ダ1800mで2勝目を挙げた。
また鞍上の藤懸Jとは(1100)で相性も良く、マーメイドSで10番人気のシャムロックヒルで重賞初勝利を挙げ、オークスでは16番人気のハギノピリナを3着へ導いた。人気薄の馬券圏内で一発を期待してみる。

▲ 9 ハンディーズピーク 5着(5番人気)
デビューから4戦3勝で、唯一負けたもちの木賞では、スタートで後手に回っての5着ならまだ底を魅せてない。前走古馬相手でも危なげない勝利に、プラス6キロの休み明けから1度叩かれた上積みは見込める。2戦2勝の左回りに鞍上は継続で頼もしい福永Jなら好走を期待する。

△ 15 メイショウムラクモ 1着(1番人気)
初戦の芝で15着以降、ダートに路線を替え【3111】と着外1回も4着と文句なし。また気性的な粗さが紙一重とは思うが、それでも勝った3勝は3馬身、8馬身、そして前走古馬相手のいわき特別では7馬身差を付けた。気になる大外枠は、11番、10番、12番と勝った3勝は何れも外枠、そして鞍上柴田(善)Jの【3100】に期待する。

× 10 ルコルセール 15着(2番人気)
デビュー4戦目にしてダートへ転向し、早々に2着に8馬身を付ける圧勝劇。続く2走前には出遅れたアナンシエーションを半馬身差押さえ勝利、更に前走2勝クラスでは2着に2馬身1/2差を付け3連勝と好内容で且つ勢いあり。距離が更に延びるのは気になるが、3走のレース内容から魅力を感じ好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線半ばでスッと先頭に立ちそのまま押し切った1番人気のメイショウクラクモ、
2着は直線ジワジワ脚を伸ばしG前で3着馬を差し切った10番人気のスウィープザボード、
3着はマイペースの逃げから直線粘り込んだ6番人気のレプンカムイでした。

我が本命は4着と、ゲート後の位置取りが…

我が本命の◎ノースザワールドですが結果4着となりました。外目の11番になったスタートでしたが、ゲートもスムーズに出れポジション取りへ。1角では後方2番手の外で前を追走する形になりました。道中は折り合いも付き後方3番手から脚を溜める形になり、徐々に前との差が詰まり3角。4角では馬群が固まりスッと前へ出し外から中団の位置で直線へ。その直線ではグングン鋭い脚を伸ばしましたが前との距離があり、S後がさすがに後ろ過ぎたという感じでも見せ場は作れたかな。今回は7番人気で好配当の可能性でしたが、次回は人気しそうで…期待してただけに無念です。

後方から良い脚で追い込んだが、その位置では…

予想的には、1着が△と応援馬券もあったがJRA重賞最年長勝利記録を更新した、柴田(善)J騎乗のメイショウムラクモで2着に3馬身差を付ける楽勝でしたね。2着は同じく勝ち馬の内14番と外枠から見せ場を作ったスウィープザボードですが津村Jは曲者だなぁ…。3着は予想の段階で3番人気の為切ったが終わってみれば6番人気のレプンカムイが逃げて粘り込みましたね。3連単は70,670円と、コチラは好配当となりましたがノースザワールドやハンディーズピークがもう少し後方から届く流れになれば…うーん、という事で予想は1、4、5着。複雑な心境ですがハズレはハズレです。

次週は関屋記念と小倉記念の共にG3が開催されます。本命を当てても外すという情けない予想が続いてますが、そろそろ秋競馬に向け好予想で良いところを見せたい私です。

タイトルとURLをコピーしました