【POG】オルフェーヴル産駒で母コスモチェーロの2019となるウインルシファーの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

姉はG2・3勝でオークス2着と期待度が高くなります。父はオルフェーヴルで母コスモチェーロの2019となるウインルシファーをご紹介したいと思います。

ウインルシファーのプロフィール

馬名:ウインルシファー(2歳・牝馬)
馬主:ウイン
管理:手塚師
募集額:2,000万円
生産:コスモヴューファーム
父:オルフェーヴル
母:コスモチェーロ
母父:フサイチペガサス
デビュー日:2021年11日6日(土) 東京 芝2000m
鞍上:横山(武)ジョッキー

2019世代は新馬勝ち1頭…

父はオルフェーヴルとなり、先週の新馬戦には出走馬がいませんでしたね。また未勝利戦にはエイラムの1頭が出走も7着と産駒として勝ち星を挙げる事ができませんでした。因みにこの世代で新馬勝ち馬はライラックの1頭というのが寂しい限りですが、次走は敢えて牡馬混合の京都2歳S(G3)を予定とされてる様ですね。その京都2歳Sには…フィデルやトゥデイイズザデイ等など強敵そうなライバルが出走予定ですが、ここで馬券に絡めると先が開けてきます。この世代の産駒の代表産駒になるべく頑張って欲しいですね。

母からG2・3勝のウインマリリンを輩出

母はコスモチェーロでフサイチペガサス産駒ですね。現役時は、国内でデビューし4戦目に勝ち上がりましたが、以降も主な活躍ができないまま通算9戦1勝で引退し繁殖へと上がってます。その繁殖生活ですが、代表産駒はなんと言ってもウインマリリン(父スクリーンヒーロー/牝馬)でしょう。フローラ賞に日経賞、オールカマーとG2を3勝しオークスでは2着の実績と今後も活躍を期待できる1頭ですね。その他、ウインマーレライ(父マツリダゴッホ/牡馬)がラジオNIKKEI賞(G3)勝ち等も出しており、2019は父が初配合だけにどんな結果を出すか楽しみですね。

晩成型で遅生まれがどう出るか…

そんな中、オルフェーヴルを配合された9番仔のウインルシファーが今週末デビューが決まりましたね。そのデビュー戦は6日(土)の東京芝2000mで、ここには評判馬で良血の“ダノンギャラクシー”がスタンバイですが、預託先は手塚師で鞍上は横山(武)Jと正にウインマリリンチームという感じだけに関係者の期待度は高いという事でしょう。調教ではゲート練習でやや時間がかかった様だが徐々に動きが良くなっているという感じで、姉のマリリンに走りが似てる様です。ただ、晩成型の父に遅生まれという事もありクラシックまでに間に合うか気になるところだがウインマリリンを超えるべく好走を期待したいですね。

タイトルとURLをコピーしました