2022年 桜花賞(G1) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

次週の4月10日(日)には、牝馬クラシック第一弾の桜花賞(G1)が阪神競馬場で開催されます。阪神JF(G1)勝ち馬が、前哨戦のTRレースとは言え3着に敗れた事で個人的には抜けた馬はいないと踏んでいます。その他のTRからの出走馬や、抽選馬も決まってない状況ですがチャンスある馬が多数!?。穴党としては波乱を期待したいところです。それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーをご紹介したいと思います。

阪神競馬場 桜花賞(G1) 芝1600メートル

《優先出走権》

サブライムアンセム:父ロードカナロア×母父シンボリクリスエス 岩田(望)J
ナムラクレア:父ミッキーアイル×母父ストームキャット 浜中J
アネゴハダ:父キズナ×母父ウォーエンブレム 幸J
ナミュール:父ハービンジャー×母父ダイワメジャー 横山(武)J
ピンハイ:父ミッキーアイル×母父ジャングルポケット 高倉J
サークルオブライフ:父エピファネイア×母父アドマイヤジャパン デムーロJ
クロスマジェスティ:父ディーマジェスティ×母父カリズマティック 武藤J
ラズベリームース:父ルーラーシップ×母父ファルブラヴ 池添J

《賞金順》 

ウォーターナビレラ:父シルバーステート×母父キングヘイロー 武(豊)J
ラブリイユアアイズ:父ロゴタイプ×母父ヴィクトワールピサ 坂井(瑠)J
ライラック:父オルフェーヴル×母父キングカメハメハ 福永J
プレサージュリフト:父ハービンジャー×母父ディープインパクト 戸崎J
スターズオンアース:父ドゥラメンテ×母父スマートストライク 川田J
アルーリングウェイ:父ジャスタウェイ×母父フレンチデピュティ 藤岡(祐)J
フォラブリューテ:父エピファネイア×母父アドマイヤベガ ルメールJ
ベルクレスタ:父ドゥラメンテ×母父ヌメラス 吉田(隼)J

《抽選対象馬(2/6)》

カフジテトラゴン:父キズナ×母父ダラカニ 古川J
ビジン:父キズナ×母父ジャイアンツコーズウェイ 富田J
アリシアン:父エピファネイア×母父クロフネ 和田J
カランセ:父ドレフォン×母父サンデーサイレンス 未定
グランスラムアスク:父ディープインパクト×母父ストームキャット 未定
パーソナルハイ:父ディープインパクト×母父シティジップ 未定

上位人気馬は…

阪神JF(G1)で1番人気に推されるも4着から、今年初戦のチューリップ賞(G2)で本番の優先出走権を得た横山(武)J騎乗のナミュール。若しくは2歳女王で、前走チューリップ(G2)で勝ち馬と0.2秒差から上積みもあり巻き返しを狙うデムーロJ騎乗サークルオブライフのどちらかでしょうか?。続くは…阪神JF(G1)で2着からぶっつけで向かう落馬負傷の団野Jから坂井(瑠)Jに乗り替わるラブリイユアアイズ、デビュー2戦2勝で前走クイーンC(G3)勝ちの戸崎J騎乗プレサージュリフトに、重賞連続2着で川田Jを確保したスターズオンアース、フェアリーS(G3)勝ち馬でデムーロJから福永Jに乗り替わるライラック、Fレビュー(G2)で代打池添Jがきっちり優先出走権を獲り岩田(望)Jに手が戻るサブライムアンセムに、同レースを馬体重12キロ増で2着となり上積み必至の浜中J騎乗ナムラクレア。更に阪神JFで3着から今年初戦のチューリップ賞(G2)でも3着の武(豊)J騎乗ウォーターナビレラ辺りも人気しそうだし、新馬戦が1200mで次走1400mに前走1600のエルフィンS(L)を勝った藤岡(祐)J騎乗のアルーリングウェイも面白そう…とキリない程目移りが激しくなってる私。

出走馬が決まってない状況ですが、その抽選対象馬でディープインパクト産駒のグランスラムアスクや矢作師が桜花賞向きと言ってたパーソナルハイ等が出走してきたら…さて、牝馬クラシック第一弾はどの馬が制するのか今から楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました