【皐月賞(G1) 2022】イクイノックスVSダノンベルーガで決まる!?、そして穴馬は!?

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末、4月17日(日)には牡馬クラシック第一弾の皐月賞(G1)が中山競馬場で開催されます。いやはや、ダノンベルーガの参戦により更に豪華メンバーとなった今年。それでいて今年のG1は波乱が止まらない。穴党としては有り難い限りだが異次元の波乱もあり難解だが今週は…!?。それでは勝手ながら、現時点でのピックアップ馬+穴馬らしき馬を検証したいと思います。

皐月賞/2022 ピックアップ馬

東スポ2歳S→ぶっつけで化け物か!?それとも…

馬名:イクイノックス(3歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:木村(哲)師
生産:ノーザンファーム
父:キタサンブラック
母:シャトーブランシュ
母父:キングヘイロー
鞍上予定:ルメールジョッキー

無傷のデビュー2連勝で東スポ2歳S(G3)から、よもやのぶっつけが取り捨てを悩ませる。過去実績からは、新馬戦で1.2秒突き放した3着のサークルオブライフが後のアルテミスS(G3)&阪神JF(G1)を勝った。更に上がりも次位を1.0秒も上回った末脚も驚異。そして続く東スポ2歳S(G3)では、2着との着差は0.4秒差だが次位を0.6秒上回る余裕の差し切り勝ち。更に当時2~5着(アサヒ等)馬が勝ちきれずとも全馬重賞馬券圏内を確保と、2戦の内容は評価できる。気になるのが、キタサンブラック産駒が同以外結果を出せてないところ、そして何より今年不調と思えるルメールJ。自信がある様だが今年はこの馬で!?…という思いも頭を過るし、同馬の最大目標は日本ダービー。となると賞金不足の万が一を考慮し、優先出走の5着以内は必至で“叩き台”とも到底思えない仕上げでくるはず。怪我でもない異例のぶっつけローテだが、余程の化け物なのか?それとも…。前日予想でパドック等見れないのが悩ませるが…現時点では予想の候補に残そうと思っている私です。

中山+右回りが気になるが潜在能力は高い

馬名:ダノンベルーガ(3歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:堀師
生産:ノーザンファーム
父:ハーツクライ
母:コーステッド
母父:ティズウェイ
鞍上予定:川田ジョッキー

前走が無傷のデビュー2連勝でシンザン記念(G3)勝ち。また、当時2着の重賞勝ち馬ジオグリフや、3着で後の重賞勝ち馬ビーアストニッシドを嘲笑うかの様に最速の上がりで差し切ったのは驚異と感じたレース。レース後の体質的に回復に時間を要する様で、更に今回は初の中山で初の右回り。そんな状況もあり出否未定の中、鞍上川田Jの“右回りを使わない理由はない”という言葉で参戦決定の模様。堀師も“態勢は整った”との事で、+4キロの前走から叩かれた上積みも見込めスケールや潜在能力には魅力を感じるのも事実だが、やっぱり右回りと2週前まで出否未定だったのは…有力の1頭ではあるが、現時点では予想の候補に残す感じにしたい私です。

2歳マイル王者が、牡馬クラシック1冠目も!?

馬名:ドウデュース(3歳・牡馬)
馬主:キーファーズ
管理:友道師
生産:ノーザンファーム
父:ハーツクライ
母:ダストアンドダイヤモンズ
母父:ヴィンディケイション
鞍上予定:武(豊)ジョッキー

無傷のデビュー3連勝で最速の上がりから朝日杯FS(G1)を制した2歳マイル王者。前走弥生賞(G2)では、いかにも前哨戦な+8キロとやや余裕をも感じる馬体だったが、勝ち馬とタイム差なしのクビ差2着で距離もこなし悲観する事はないと思えた一戦。また個人的にだが、今年は武(豊)Jにやられっ放しで大阪杯アリーヴォに始まり、NZTのジャングロ、桜花賞ではウォーターナビレラと最近好調さを魅せてる印象。ハーツクライで成長力もあり、小倉→東京→阪神→中山と崩れない精神面は魅力。更に先日凱旋門賞に登録する報道が出ただけにここは結果を出したいはずで、現時点では安定感から予想に入れる可能性が高い私です。

現時点で気になる穴馬と、無料のメルマガ予想登録フォーム

現時点の穴馬候補:「人気ブログランキング」へ
重賞でメインレースのみの予想ですが、よければ登録の方をお願いします^^
無料予想のメルマガ登録:「俺の当たる競馬予想メルマガ登録フォーム」へ

中山のG1勝ち馬で、折り合えればここも…

馬名:キラーアビリティ(3歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:斉藤(崇)師
生産:ノーザンファームファーム
父:ディープインパクト
母:キラーグレイシス
母父:コンガリー
鞍上予定:横山(武)ジョッキー

2歳暮れの中距離G1、ホープフルSで3番手から押し切りG1馬へ。2着以下は1馬身1/2差は強い内容だが、更に3着ラーグルフが弥生で11着の大敗に4着フィデルが皐月出走ならず。更に6着のマテンロウレオがきさらぎ賞(G3)勝ち後に弥生賞10着、11着だったオニャンコポンはメンバー的に…の京成杯(G3)勝ちで半信半疑な部分に“ぶっつけ”。気性の部分で成長もある様だが、肝心な動きは1週前にやっておりその後“折り合い重点でソフトな仕上げ”との事だが…。格的にはトップクラスでディープインパクト産駒は魅力な反面、横山(武)Jが今年のG1で5着(15番人気)、6(1番人気)、10着(1番人気)というのは気がかり。現時点では思い切って予想から外す方向で考えています。

という事で勝手ながら有力馬4頭ピックアップ+現時点の穴馬をお伝えしました。本来なら第2弾もご紹介したかったところですがが、今回は諸事情によりここまで。まだ他にも興味のある馬が多数おり目移りをする状況。あっさり上位で決まるか!?、それともG1で波乱が続く中でまたもや大波乱となるか!?。さて、どの馬が1冠目をゲットするのか非常に楽しみな私です。

タイトルとURLをコピーしました