【菊花賞 2020】無敗の牡馬2冠コントレイルで決まる!?そして穴馬の出番は…

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は、牡馬クラシック3冠最終戦の菊花賞(G1)が京都競馬場で開催されます。枠順も決まり大注目は先週に続き無敗の3冠馬となったデアリンクタクトに続く、牡馬3冠へ王手のコントレイルでしょう。他馬を寄せ付けない強さは圧巻で距離さえ克服すれば…あっさり!?か、血統的距離適性を生かし一発かます馬が出てくるか!?と、勝手ながら複数頭を検証したいと思います。

菊花賞/2020 ピックアップ馬

無敗の牡馬3冠馬が誕生となるか!?

馬名:コントレイル(3歳・牡馬)
馬主:前田晋二氏
管理:矢作師
父:ディープインパクト
母:ロードクロサイト
母父:アンブライドルズソング
鞍上予定:福永ジョッキー

デビューから無傷の6連勝でホープフルS、皐月賞、日本ダービーの中距離以上G1を総なめの状況。また一夏を越して挑んだ前走神戸新聞杯も、同世代でも上位にいるヴェルトライゼンデに2馬身をつける余裕の勝利。となると…最大の敵は“距離”と“馬場状態”になりそうだが、以降この様な距離は使わないだろうが同世代だけに内の3番枠を生かして能力的であっさりがあってもおかしくない。無敗でここまで来たら賛否両論があるだろうが、現時点で負ける要素が極めて少ないだけに素直に予想に入れる事にします。

前走、勝ちきれなかったのが…

馬名:サトノフラッグ(3歳・牡馬)
馬主:サトミホースカンパニー
管理:国枝師
父:ディープインパクト
母:バラダセール
母父:ノットフォーセール
鞍上予定:戸崎ジョッキー

デビュー戦で6着の完敗を喫した後、未勝利→1勝クラスから弥生賞を制し3連勝で評価を取り戻すも…皐月賞で5着、日本ダービーでは11着と勝ち馬コントレイルには両レースで1.0秒以上も離され致命的な負け。一夏を越し前走セントライト記念では最速の上がりも勝ち馬にはまんまと逃げられたが、2着に食い込み力は魅せるも勝ちきれなかった為、一皮むけた”というコメントも出てるが…個人的に評価は下がざるを得ない。また、意外にも牡馬無冠の国枝師で頑張って欲しい気持ちもあるが、現時点では予想から外す方向で考えています^^;

4連勝の勢いも、血統的に距離が気になる…

馬名:バビット(3歳・牡馬)
馬主:宮田直也氏
管理:浜田師
父:ナカヤマフェスタ
母:アートリョウコ
母父:タイキシャトル
鞍上予定:内田ジョッキー

正直この活躍ぶりは驚きの私だが、500万円で落札され重賞2勝で4連勝中から菊花賞へ駒を進めてきた。2走前のラジオNIKKEI賞では2着に5馬身差、そして前走セントライト記念では1馬身1/2差を付け逃げ切り勝ち。自身のペースで逃げれば渋といという感じだが…距離がかなり気になる私。父ナカヤマフェスタは現役時、2200mの宝塚記念勝ちに2400mの凱旋門賞で2着も3000mに伸びた菊花賞では12着に大敗。また母父タイキシャトルとなれば…余計に不安になってしまう。。。未知の魅力はあれど11番のやや外枠も気になり現時点では、予想から外す方向で考えている私です^^;

現時点で気になる穴馬は…

で、現時点で私の穴馬として気になってる馬はコチラ
人気ブログランキング」へ
※皆様、応援クリックをお願いします^^

抽選突破の運と、距離延長が功を奏す!?

馬名:ダノングロワール(3歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:国枝師
父:ハーツクライ
母:ソーメニーウェイズ
母父:サイトシーイング
鞍上予定:北村(友)ジョッキー

新馬戦、未勝利戦の2000mで共に4着に敗けたが、距離を2400mに伸ばした3戦目の未勝利戦で2着に4馬身差をつける圧勝で開花。2400mの1勝クラスで2勝目、そして前走2500mと更に距離を伸ばし九十九里特別(2勝クラス)で古馬相手に最速の上がりで3勝目を挙げた。そしてクラシック最終戦の菊花賞へ抽選を潜り抜け出走へ漕ぎ着けた。鞍上は先週サラキアに重賞初制覇をプレゼントした北村(友)Jと勢いもあり、更に距離が延びる今回は穴馬的存在の可能性が…。現時点で予想の候補には残そうと思ってる私です^^;

という事で、勝手ながら4頭をピックアップしてみました。抽選のアンティシペイトがよもやの除外には驚きましたがこれも競馬ですね。レースはコントレイルが断然の中心にはなりますが秋華賞の様に2、3着が荒れれば配当妙味も出てきます。競馬に絶対はなく、穴党の出番を望むばかりですwww。デビューから無敗の3冠馬はシンボリルドルフとディープインパクトのみという事で、本番はどんな結果となるのか楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました