2022年 アーリントンC(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったディオは飛んでくれましたが…奇しくもハナ差で当たりがスルリ…^^;
そんな私の予想が、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 15 ムーンリットナイト 15着(11番人気)
器用さに欠けてた印象も、デビュー7戦目の前走でようやく勝ち上がり。とは言え同舞台だった未勝利戦で、勝ち馬ビーアストニッシドを上回る最速32.8秒の上がりを使い0.2秒差の4着。今年初戦が+16キロの馬体増で3着、そして前走差し切って1着の勢いで一発を期待する。

◯ 8 ウナギノボリ 7着(13番人気)
デビュー勝ちから2走前のシンザン記念まで全て出遅れで、1、4、7、2、9着。そんな中、前走yもやの出遅れなしも9着と距離が長く度外視。出遅れ覚悟で狙うが、展開が向けばソリタリオを凌ぐ最速の上がりで追い込んだ2着の実績と、新馬勝ち和田Jの手腕で一発を期待する。

▲ 14 タイセイディバイン 2着(7番人気)
2000mで勝ってるが、前走初の1400mも適応し13番人気を覆す2着と好走。その前走は4角で不利を受けての事、そして今回の距離1F延長も合ってるはず。調教自体は良で疲れは見えず、本番への切符を狙って主戦松若J【1312】と共に好走を期待する。

△ 10 ダノンスコーピオン 1着(1番人気)
朝日杯FS3着の実績から前走共同通信杯(G3)では7着。スローの展開か?距離か?という感じだが、今回は【2010】と萩S(L)でキラーアビリティを破った阪神コースで参るは魅力。間隔を空けての今回は、デキが前哨戦という感じも能力で馬券圏内を期待する。

× 12 ジュンブロッサム 4着(2番人気)
2戦目で厳しい流れも、レコード勝ちした未勝利戦のスピード。そして前走アルメリア賞では窮屈な内を通り勝ち馬と0.1秒差の2着も、その勝ち馬ピースオブエイトが次走毎日杯(G3)勝ち。スピード+勝負根性から距離短縮はプラスに感じ、賞金からも好勝負まで期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬場の真ん中から差し切った1番人気のダノンスコーピオン、
2着は早め先頭で押し切りを狙った7番人気のタイセイディバイン、
3着は直線内目から鋭い脚を伸ばした4番人気のキングエルメスでしや。

直線半ば前が壁で追えず…

我が本命の◎ムーンリットナイトですが結果15着となりました。外目の15番からのスタートでしたがちょい後手を踏んでスッと立て直して1角へ。その1角では後方6番手の馬群内に位置取り、道中は折り合いも付いて前を追走する形。後方でジッと脚を溜め4角で徐々に前との差を詰め直線で末脚で勝負。その直線では馬場の真ん中を選び、追いながら徐々に外に出していくもよもやの前が開かず。結果そのまま追うのをやめ後退していきました…

権利獲り必至で狙う…

予想的に、1着は我が予想で△にしたがやはりマイル路線に矛先を変えたのは大きいと感じた一戦のダノンスコーピオン。2着は▲に推したが前走がフロックではないと1400~1600mが合うと思っていた▲のタイセイディバイン、そして3着は骨折明けでも-8キロと状態が戻りつつあったキングエルメスでした。3連単は22,540円でしたが、奇しくも1、2、4着でその4着の裏本命×の権利獲り必至と踏んでいたジュンブロッサムが、ハナ差キングエルメスを差しきれず…キングエルメスは賞金が足りてる分で切ったのが誤算でしたがこれも競馬で予想がハズレてしまいました。

明日は皐月賞(G1)とアンタレスS(G3)です。大変申し訳ありませんが諸事情により予想時間がなく、皐月賞だけの予想となりますので予めご了承のほど宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました