【POG】バゴ産駒で母アドマイヤテンバの2020となるセレスティアリティの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

知れば知るほど魅力の1頭となる良血馬。父はバゴで母アドマイヤテンバの2020となるセレスティアリティをご紹介したいと思います。

セレスティアリティのプロフィール

馬名:セレスティアリティ(2歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:西村師
募集額:4,000万円
生産:ノーザンファーム
父:バゴ
母:アドマイヤテンバ
母父:クロフネ
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

僅か2頭出走も共に3着

父はバゴとなり、先週の未勝利線では僅か2頭出走でしたが、コスモツカサが5番人気で3着にヴァンテシャンテが10番人気を覆す3着と共に馬券圏内に好走しました。その他出走馬がなく産駒としては勝ち星を挙げる事ができませんでした。産駒として国内G1・4勝で引退したクロノジェネシスや、現役でサウジアラビアRC(G3)と神戸新聞杯(G2)勝ちのステラヴェローチェ等を出していますが、2019世代ではクラシックやNHKマイルC等を狙える馬が厳しい状況で、セイウンハルカニがダートで1勝を挙げてるのがやっとですが…新星が出てくるのを期待したいところです。

名牝エアグルーヴの血を継ぐ母

母はアドマイヤテンバでクロフネ産駒で母にはあの名牝アドマイヤグルーヴを持つ血統です。現役時は、ただ現役時は4勝を挙げるも残念ながら主な活躍ができませんでした。通算22戦4勝で引退し繁殖へと上がり、昨年3月に亡くなりこの2020が最後の産駒となります。繁殖生活は、2019のホウオウプレミア(父ロードカナロア/牡馬)が2億7,000万円で落札されるも、新馬勝ちから百日草特別(1勝クラス)で2着以降、京成杯(G3)6着に毎日杯(G3)6着と勝ちきれない状況。。。

6月にデビュー予定

そんな中、バゴを配合された最後の産駒となるセレスティアリティがこの2020世代でデビューを予定としております。預託先はこの血統が初管理の西村師で、調教もかなり動きも良く順調との事。ゲート試験も既に合格しており馬体重も増え、心肺機能も高いとの事。そして気になるデビュー戦は、どうやら6月上旬のマイル戦で視野に入ってる様です。しかしエアグルーヴの血にクロノジェネシスに近い配合となれば…期待度は当然高くなります。怪我なく無事にデビューを迎えて欲しい良血馬ですね。デビュー戦が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました