2022年 オークス(G1) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったスターズオンアースが勝ちきりましたか…^^;
そんな私の予想が、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 11 ベルクレスタ 10着(9番人気)
桜花賞で7着だが、直線外に出し前をカットされてからの末脚が魅力で勝ち馬に0.2秒差。新馬でセリフォスに0.2秒差の2着、アルテミスSでSオブライフに0.2秒差の2着の実績馬。継続騎乗の吉田(隼)J×須貝師のコンビ、そしてドゥラメンテ産駒も気になり激走を期待する。

◯ 13 パーソナルハイ 16着(11番人気)
桜花賞は直線不利もありながら勝ち馬に0.2秒差の6着。そしてフローラSがマイペースの逃げから勝ち馬に0.1秒差の2着に逃げ粘り。また、矢作師から“状態は更に上向き”+“デビューからオークスを意識”となれば…距離延長もプラスとみて期待する。

▲ 15 ピンハイ 4着(13番人気)
デビュー2戦目ながらチューリップ賞で2着。勝ち馬ナミュールに0.2秒差で3着サークルオブライフに先着は驚き。また桜花賞で接触と若さを見せたが、2位の末脚で勝ち馬に0.1秒差の5着。小柄だが根性もあり初東京もプラスに思え、馬券圏内で一発を期待する。

△ 3 アートハウス 7着(2番人気)
新馬戦が2着に3馬身差を付け、最速の上がりが33.9秒で勝利。前走、忘れな草賞(L)では相手関係から強い内容を求めるも2着以下を3馬身突き放す上がり34.0秒でノーステッキ。キャリアの浅さは気になるが、桜花賞馬よりコチラへ騎乗の川田Jなら…期待する。

× 6 サークルオブライフ 12着(1番人気)
阪神JF勝ち馬だが、チューリップ賞で3着に桜花賞では外枠が響くも最速の上がりで4着。今回は内目の6番枠で直線の長い東京コースはアルテミスS(G3)で鮮やかに最速の上がり差し切った舞台。距離延長もプラスとみて好勝負を期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬場の外から豪快に追い込んだ3番人気のスターズオンアース、
2着は直線馬場の真ん中で一旦は先頭に立った10番人気のスタニングローズ、
3着は直線内を突いて追い込んだ4番人気のナミュールでした。

勝ち馬の後ろから追い込むも…

我が本命の◎ベルクレスタですが結果10着となりました。サウンドビバーチェの放馬により除外となりましたが、発走時間がだいぶ遅れ待たされた馬達にどんな影響を及ぼしたか?。そんな中、真ん中よりやや外11番からスタートもすんなり出れ馬なりで周りを行かせて1角へ。その1角では中団よりやや後ろの馬群の中へポジション取り。道中は折り合いも付き、中団でジッとラストの末脚に賭けるべく脚を溜める形で追走。3~4角も縦長で動きもないまま直線へ。その直線では勝ち馬スターズオンアースの後ろから追い込むも届かず。中団より後ろ組は厳しい流れになりました…

2冠馬誕生+3連単10万馬券超えの高配当!

予想的に1着のスターズオンアースですが、川田Jを信じた私がダメだったが最後きっちり差し切って2冠馬となりました。2着のスタニングローズですがここでレーンJ来るか!?と思わず口ずさんだ私で完全度外視でした。3着のナミュールは桜花賞が大外枠の結果だった事を思わせる快走で末脚を伸ばしたました。3連単は予想外の119,010円で、目を疑ったが超高配当。うーん、悔しいがアートハウスの川田Jを信じた事、パーソナルハイが逃げれなかった事、サークルオブライフがゲート前でテンションが厳しかった事と何もかもハマらない事が多すぎたがこれも競馬。反面、我が予想で◯に推したピンハイの4着は小柄ながら良い追い込みでしたし頑張ったのが救い。ええ、とは言え残念ですがハズレはハズレで次週頑張ります。

次週は土曜に葵S(G3)が、そして日曜には日本ダービー(G1)と目黒記念(G2)が開催されます。注目はもちろん、好メンバーとなり人気割れ必至の日本ダービーとなりそうですが波乱を期待しつつ、予想も当てたいところ。楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました