2023年 日経賞(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったタイトルホルダーが逃げ切り勝ち。そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 7 アリストテレス 11着(9番人気)
2021年のJC9着から、前走AJCC(G2)で7着と復活はもう…。ただ、調教駆けしないタイプのはずが…併せ馬で遅れたものの時計も出ており予想外の好仕上がり。上位人気が菊花賞馬も、菊花賞2着の底力とテン乗り菅原Jの手腕に復活を期待してみる。

◯ 5 ディアスティマ 3着(7番人気)
人気の先行強力2騎から、逃げたいこの馬を狙うのもどうかだが…2勝クラスも、中山芝2500mを最速の上がりで逃げ切り勝ち。長期休養明け3戦目で、好相性【4212】で主戦の北村(友)Jとリズム良く走れればの馬券圏内で期待する。

▲ 4 ライラック 4着(3番人気)
前走エリザベス女王杯(G1)を12番人気で2着同着も、直線上がり3位の末脚一気。距離が更に延びるが半兄ブラックホールは菊で5着なら。得意の中山【1010】で、メンバーからもタイトな展開になるなら54キロの斤量も味方に出番も。

△ 9 アスクビクターモア 9着(1番人気)
強力世代の菊花賞をレコードで勝利し、当時2、3着馬が先週の阪神大賞典でワン・ツーフィニッシュ。有馬記念をパスを決め放牧し、成長を促した事で更なるパワーアップを思わせる動き。目標は先も無様な競馬はしないはずで期待する。

× 12 ヒートオンビート 6着(4番人気)
重賞で2着3回に、3着3回と相手に関係なく勝ちきれずも堅実な走り。前走AR共和国杯3着以来の休み明けだが、しっかり乗り込まれ好時計。昨年このレースで僅かクビ+っクビ差の3着だった池添J【1112】に手が戻り好勝負を期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は参っペースの逃げからまんまと大差で逃げ切った2番人気のタイトルホルダー、
2着は馬場の真ん中から末脚を伸ばした5番人気のボッケリーニ、
3着は前目の競馬から粘って残した7番人気のディアスティマでした。

さすがに無謀だったか…!?

我が本命の◎アリストテレスですが結果11着となりました。不良馬場で開催されましたが、真ん中7番枠からのスタートをスッと出れ前に行きたい馬を行かせる形で1角へ。その1角では中団よりやや後ろに構える形で追走。道中は掛かる事なく、折り合いも付き脚を溜め流れに乗ってる様でしたが…3角で馬群が固まり4角で更に密集しする中、追っ付けても前に進まず…直線では余力が残っておらずそのままズルズル後退していきました。さすがに狙いは無謀だったかと思うも不良馬場が堪えた印象もあり、良馬場で見てみたかったのも本音です。

不良馬場で59キロもG1馬の貫禄を見せつけた

1着となったタイトルホルダーですが、マイペースで逃げれたとは言え59キロの斤量で最後は突き放し余裕のゴールはレベルが違いをまざまざと感じさせた内容でした。2着のボッケリーニですが、昨年同様2着とコレは相手が悪かったという感じ。3着の我が予想◯で推したディアスティマは力のあるところを証明してくれましたね。3連単は41,550円と好配当でしたが…不良馬場だからこそ、アスクビクターモアの方が有利と思った私。まさか出遅れてしまうのは誤算…コレも競馬ですが、ディアスティマの様な人気薄を入れても当てなければ意味無しですし、今は負のスパイラル中。グッと我慢して予想が噛み合うのを待つしかないと思う私です。

明日は高松宮記念(G1)とマーチS(G3)が開催されます。諸事情で予想時間が足りず、マーチSの予想は回避の可能性もあります。その際は何卒ご了承下さいませ。

タイトルとURLをコピーしました