2023年 天皇賞・秋(G1) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末10月29日(日)には、天皇賞・秋(G1)が東京競馬場で開催されます。いやはやイクイノックスを始めドウデュースにスターズオンアース等など超豪華メンバーが揃った印象ですが、逆にこの強力メンバーを嫌ってか?フルゲート割れとやや残念なところ。穴党としてはケンが正解かもしれませんが、悩ましい一戦になりそう…それでは現時点で出走予定馬、血統、想定ジョッキーをご紹介したいと思います。

東京競馬場 天皇賞・秋(G1) 芝2000メートル

プログノーシス:父ディープインパクト×母父オブザーヴァトリー 川田J

イクイノックス:父キタサンブラック×母父キングヘイロー ルメールJ

ジャスティンパレス:父ディープインパクト×母父ロイヤルアンセム 横山(武)J

ガイアフォース:父キタサンブラック×母父クロフネ 西村J

ヒシイグアス:父ハーツクライ×母父バーンスタイン 松山J

ダノンベルーガ:父ハーツクライ×母父ティズウェイ モレイラJ

スターズオンアース:父ドゥラメンテ×母父スマートストライク ※回避

ジャックドール:父モーリス×母父アンブライドルズソング 藤岡(祐)J

ドウデュース:父ハーツクライ×母父ヴィンディケイション 武(豊)J

ノースブリッジ:父モーリス×母父アドマイヤムーン 岩田(康)J

エヒト:父ルーラーシップ×母父ディープインパクト 横山(和)J

アドマイヤハダル:父ロードカナロア×母父ディープインパクト 菅原J

1番人気はほぼアノ馬…

昨年3歳の身で初G1勝ちとなったこのレースを皮切りに、目下G1・4連勝中のルメールジョッキー騎乗イクイノックスで間違いないでしょう。ドバイシーマクラシックではノーステッキで逃げ切り勝ち世界一位の称号を手に入れています。そして前走宝塚記念では、スルーセブンシーズ(後の凱旋門賞4着)とタイム差なしのクビ差2着も最後はきっちり勝ち切った辺りも能力の証。今回は相手がかなり強化する反面、自身の動きも宝塚記念より状態は上との事。父キタサンブラックで成長力もまだ見込めそうなだけにどんなパフォーマンスをみせてくれるか非常に楽しみですね。

強敵イクイノックスを相手に虎視眈々と…

先ずは、朝日杯FS勝ちと日本ダービーで後の世界一馬となるイクイノックスに土を付けた武(豊)ジョッキー騎乗のドウデュースから。その日本ダービー以来の対決となりますが、今年は京都記念で2着に3馬身1/2差をつける圧勝。続くドバイターフで奇しくも“左前肢跛行”で取り消し。仕切り直しの今回だが、調教では落ち着きも出て時計も良く圧巻の動きからイクイノックスとの再戦でどちらが先着するのかは興味津々です。その他にも、前走札幌記念でジャックドールやダノンベルーガを寄せ付けず4馬身差で充実一途の川田ジョッキー騎乗プログノーシスや、牝馬クラシックの桜花賞とオークスを制しているデムーロジョッキー騎乗のスターズオンアース。展開の鍵を握るであろう藤岡(祐)ジョッキーに手が戻るジャックドールに、2000m内の東京コース【2100】のモレイラジョッキーを配すダノンベルーガ等など、その他にも楽しみな馬が多数。

穴党の出番は!?という気もなきにしもあらずだが…せっかくの豪華なG1。波乱を期待して、人気馬を複数切りながら穴馬も見つけてみたいと思う私ですが…何より、どの馬が1着となるのか楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました