【天皇賞・秋 2020】アーモンドアイVSクロノジェネシスで決まる!?そして気になる穴馬は…

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は、秋古馬王道の天皇賞・秋(G1)が東京競馬場で開催されます。フルゲートになならずで残念な私ですが、大注目は俄然アーモンドアイVSクロノジェネシスと思われます。ただ競馬に絶対はないという事で、波乱の立役者が出てくるのも密かに期待している私です^^;
それでは、勝手ながら複数頭を検証したいと思います。

天皇賞・秋/2020 ピックアップ馬

史上最多の芝G1・8勝目となるか!?

馬名:アーモンドアイ(5歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:国枝師
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
鞍上予定:ルメールジョッキー

牝馬3冠にジャパンカップ、ドバイターフ、天皇賞・秋、ヴィクトリアマイルを制し、史上初の芝G1・8勝目となるか!?と俄然注目ですが個人的に往年の力を感じなくなってるのは気の所為か!?。有馬記念は距離として、ヴィクトリアマイルは勝ったものの牝馬限定戦。そして安田記念では短距離王者のマイル以下で強烈な強さを発揮しているグランアレグリアの2着も0.4秒差は意外な着差と感じた私。今回は前回に比べ俄然強敵が揃う1戦だが…惑星と思っていたサリオスもおらずこのメンバーで勢いと距離適性や近走の戦績からクロノジェネシスのみが相手筆頭になりそう。堅く終わりそうな予感でならないが、現時点でやや半信半疑という思いで予想の候補に入れる事にします^^;

宝塚記念の強い内容なら…女傑を!?

馬名:クロノジェネシス(4歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:斉藤(崇)師
父:バゴ
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
鞍上予定:北村(友)ジョッキー

阪神JFで2着、桜花賞3着、オークス3着と後一歩から夏を越えた牝馬3冠最終戦の秋華賞で、馬体重20キロの成長から2着に2馬身差をつける強い競馬でG1制覇。その後?4キロで挑んだエリザベス女王杯で5着となるが、今年の京都記念で更に12キロ増で勝利。そしてマイナス6キロの大阪杯で2着、前走の宝塚記念で10キロ増で“強い!”の一言と感じさせる2着に6馬身差の圧勝劇。3歳後半から前走までに計30キロの馬体増でパワーアップと闘ってきた相手関係から、女傑を破るのはこの馬の可能性が一番高い気がしてならないのだが…現時点では素直に予想に入れます^^;

昨年の2着馬が主戦に戻り巻き返すか!?

馬名:ダノンプレミアム(5歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:中内田師
父:ディープインパクト
母:インディアナギャル
母父:インティカブ
鞍上予定:川田ジョッキー

朝日杯FS(G1)をデビュー3連勝で制覇した際は、同世代の皐月、ダービーはこの馬!と思った私。だが結果は皐月賞不出走、日本ダービー6着…更にその後はG2で3戦3勝もG1となると勝ちきれず厳しい状況。特に前走安田記念(G1)はグランアレグリアに2.0秒も離された13着のブービー負けは海外遠征帰りとはいえ負けすぎ。鞍上は川田Jに戻り、昨年の天皇賞・秋では圧倒的強さを魅せつけていたアーモンドアイの0.3秒差で2着という実績から復活も!?と思うが、現時点では取り捨てに悩んでおり人気次第という事で予想の候補には残そうと思う私です^^;

で、現時点で私の穴馬として気になってる馬はコチラ
人気ブログランキング」へ
※皆様、応援クリックをお願いします^^

“去勢効果”+東京コースで一発も!?

馬名:ダイワキャグニー(セ6歳・牡馬)
馬主:大城正一氏
管理:菊沢師
父:キングカメハメハ
母:トリプレックス
母父:サンデーサイレンス
鞍上予定:内田ジョッキー

重賞で善戦するも、中々勝ちきれなかった同馬が2走前の24戦目にしてエプソムC(G3)を勝ち重賞初勝利となった。その後放牧に出たと思いきや馬っ気が相変わらずとの事で、“去勢”という手に出た陣営。個人的には去勢明けは…と予想で外した前走毎日王冠(G2)でサリオスに0.5秒差離されるも2着と、3番手から粘り腰を見せた。前走の相手関係が勝ち馬意外微妙だった事、そして今回は相手が一気に強化される点が懸念材料だが東京で全8勝を挙げる東京でアッと言わせる激走があるかもしれないが…現時点で予想の候補に一応残す私です^^;

という事で、勝手ながら4頭をピックアップしてみました。やはりアーモンドアイVSクロノジェネシスが中心にはなりますが、さすがに波乱度は低そうですね。先週同様穴党の出番はないかも!?ですが、どちらか一方が飛べば!?…と、穴党の出番を望むばかりですwww。本番は歴史的Vとなるのか非常に楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました