2016 ジューンステークス 予想

今日のあてたろう予想!

“降級馬が1頭”ってことになってるけど、以前に現級勝ちの馬もいる。
語弊はあるが、なんだかよくわからん状態。。。
それぐらい『行ったり来たり』している馬が多いということだ。

そんなオレの予想は…。

◎ ⑦ルミナスウォリアー
デビューから15戦、戦績の内訳は(4.7.1.3)
実に『連対11回』、3着1回と重賞の2つ3つを勝っていそうな成績。
と思いきや、前走でようやく2度目の1000万下勝ちを収めたばかり。
良く言えば堅実派、悪く言えば勝ち味に遅いタイプだが、安定感はピカイチ。
3ヶ月半の休み明けだが、ポン駆けOK。
東京の勝ち星はないが、(0.4.1.1)なら許容範囲だ。
実力にそこまで大きな差は無いとみる!

○ ⑫アングライフェン
メンバー中、唯一の4歳馬で2月に現級勝ちの降級馬。
その後のG3重賞2戦はともに2桁着順。
前走の新潟大賞典は勝ち馬に1秒離されて⑩着。
だが、前々走の中日新聞杯は⑫着とはいえ、サトノノブレスに0秒3差。
クラス再編で降級したが、夏場の重賞路線に加わるには早めの再昇級は必至。
この馬の乗り方を理解しているルメール。
人気でも狙うなら既に現級勝ちのここだ。

▲ ⑬レッドルーファス
丸2年近く未勝利…。
とはいえ、昨年も同レースに出走し、②着。
2走前の府中Sでも11番人気を覆す②着に健闘、前走も⑤着と掲示板は確保。
東京芝(2.2.0.4)と適性は高い方だと思う。
以前は先行粘り型だったが年齢と共に?粘り切れなくなってきた(笑)
この歳になって『後方一気』に脚質転換するとはね。
前走のむらさき賞(東京1800m)も負けたとはいえ、上がりは最速。
今回、13頭という頭数も好材料となりそうで『現級勝ちの実績』がある馬は2頭しかいない。
勝って完全復活か。

注 ⑨グランドサッシュ
昨年5月末に『青嵐賞』を勝利して準OPに昇級。
当時4歳だったため、直後に降級して再び1000万下に。
再昇級できたのは”丸1年後”の今年の『青嵐賞』となった。
とにかくこの馬の弱点は”暑さ”
陣営も「暑い時期が駄目なことは昨年で良く解った。今年はここを使ったら放牧に出す」と。
これまで長い距離をメインに使っていたのはトモが甘いという理由。
だが、最近はそれも解消されて前走から400mの距離短縮も2000mなら対応可能だ。
勝って夏休みだ!

△ ⑥アドマイヤオウジャ
3連対率は今日のメンバー中で最下位の1割8分5厘…。
買い材料がどこにある??
いやいや、メンバーは揃ったが『折り合えばやれそう』だ。
元々はマイル前後を走っていたことを思えば『先手さえ取れれば』2400mよりは向きそう。
後ろから行きたいタイプも多い今回は、前目から行くことで展開面の利も狙える。
クラス2戦目の慣れも見込んで。

【3連複5頭BOX】⑥⑦⑨⑫⑬
配分は自己責任でね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする