2016年 アイビスサマーダッシュ【あてたろう】予想とレース回顧【的中】

今日のあてたろう予想![其の壱]

過去15回のこのレースで牝馬は「10勝」
牡馬を圧倒している状況にあり、それも伏兵が多い。
確かに「夏は牝馬」の格言は昔からあるひとつだ。
だが、実は牝馬が夏に強いワケではないらしい。
「牡馬が夏に弱く、牝馬はそう変わらない」ってのが正解なんだってさ。

そんなオレの予想は…。

◎[4番]ベルカント
昨年の覇者であり、2015年度サマースプリントシリーズの覇者。
前走CBC賞はドバイ遠征後の初戦で疲労残りを懸念して評価を下げた。
が、僅差3着できっちり馬券対象内と不安を払拭。
トップハンデで勝ち馬から半馬身差なら復帰戦としては上々の内容だろう。
「連覇の楽しみが強くなった」と陣営は今年のサマースプリントも狙ってるのは間違いない。
外傷取り消し明けだった昨年とは明らかにデキが違う!
スピードの絶対値が違う「夏オンナ」にこの枠は心配無用だ!

○[6番]プリンセスムーン
1000万下に昇級以降、「1000m戦は完全連対(3.2.0.0)」
巧者というより、今や『1000m専用』の感すらあるな。
そんな馬が目標にするレースといえば、同条件で最も格上の『重賞』であるここしかない。
ほとんどの出走馬の目標は1200mの重賞やスプリントG1。
だが、同馬はここが『年間で最も勝機が高い重賞』だ。
近走を見る限り、1000mが頭打ちでもう距離を延ばすことはないだろう。
言い換えれば、ここが最大目標で力の入れ方違う。
メイチの勝負ががりだ!

▲[13番]ネロ
スタートが良く、実力もある同馬が『大外枠』を引いた。
この時点で非常に大きなアドバンテージであることは間違いない。
おまけに今回は前走と比べ、斤量が1.5kgも減っている。
仮に出遅れた場合は包まれる恐れもあるが、既に何度も直線レースで好走している同馬には杞憂だろう。
調教も好時計を連発、万全の態勢で挑む。
「重賞初制覇の条件」としてはこれ以上に無いほど絶好の条件だ!

注[12番]アースソニック
同レース2年連続出走で2年連続の3着。
走破時計は2年連続『54秒4』
ちなみにこれは直線競走での自己ベストでもあるらしい。
この馬が勝つために必要な条件は2つ。
「持ち時計の短縮」
「他の12頭が54秒5以上で走破する」
もちろん自身の状態が万全であることが大前提だ。
「流石にもう7歳なので時計が詰まるとは言い切れない…。」
と陣営はやや弱気?
『逃げるベルカントと追うその他』の展開でペース自体は昨年と同等だろう。
「ちょっと違った競馬で一歩前に進みたい」と中竹調教師。
何かを企んでいる?

△[11番]アットウィル
直線競馬未経験馬。
というより、新潟自体が初挑戦。
この手の馬は「あっさり」か「さっぱり」のどちらかだろう。
オレ的には『通用する余地は十分にある』と見た。
1200mではワンパンチ足りない成績だが、理由はそれだけではない。
そもそも「コーナーを曲がりながら手前を変えるのが下手くそ」らしい。
元々、スピードはある馬なので「それならそもそも曲がる必要がが無い条件なら」ということ。
中間の追い切りも「千直参戦」を意識して坂路の800mをじわじわ最後まで伸ばす好内容。
諸々の状況を考えれば、初の直線でも通用する余地は十分だ!

【3連複5頭BOX】[4番][6番][11番][12番][13番]

「上位拮抗」と見る!
トリガミにならないよう、配分は自己責任でね。

結果は…。
1着 ◎[4番]ベルカント
2着 ▲[13番]ネロ
3着 ○[6番]プリンセスムーン
4着 △[11番]アットウィル
6着 注[12番]アースソニック

最も決まって欲しくない3頭で決まった。
3連単◎1頭軸で行くか迷ったんだが…。

しかし、ベルカントのあの「切れ込み具合」は審議対象にはならんのかね?
いっそ降着になって⑥⑪⑬で決まった方が18.5倍だったからさ。

【俺の当たる競馬予想メルマガ】のメルマガ配信を2016年G1宝塚記念からスタート

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする