2016年 クイーンスステークス【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想![其の弐]

今週の北海道は大雨続き…。
昨日の土曜開催、「良馬場」ではあったが開幕週特有の「パンパン」とはいかず。
今日もどこまで回復してるか?
クッションの効いた馬場で少し時計がかかれば。

そんなオレの予想は…。

◎[10番]マイネグレヴィル
巴賞は番手追走の競馬で5着。
それだけに今回は何が何でもハナを奪う構えだ。
牝馬限定の1800mはベスト条件。
マイネルミラノで函館記念を逃げ切った丹内。
今日はグレヴィルで一人旅だ!

○[11番]シャルール
前走のヴィクトリアMでは終始3番手あたりで競馬をしていた。
終わってみれば、まさかの殿負け(汗)
たぶん1600mのスピード競馬に対する適性の問題だろう。
それでも前めの競馬ができたのは今後の糧になったはずだ。
前々走の福島牝馬Sの走りからも重賞で十分通用する!

▲[8番]ロッテンマイヤー
高評価なのは「忘れな草賞」の内容。
走破時計が強調材料ではなく、刻んだラップに価値があるんだと。
(書き出すと長くなるのでやめますが…。)
3歳牝馬が簡単に出せる記録ではないらしい。
オークスの大敗理由はラスト1ハロンの失速が顕著。
あの失速っぷりは距離が問題だったと考えていい!

注[7番]ナムラアン
前々マーメイドSはスタートで後手。
そこからリズムを崩してチグハグなレースを展開。
今回、追い切りは池添がつけて本番には乗らず、皇成に渡す。
これも作戦のひとつらしいが…。
血統的には洋芝は合うはず、ゲートをキメて流れに乗れれば差はない!

△[13番]リラヴァティ
追い切り時計は控えめも、もともと攻め駆けしない馬。
同馬も前々で競馬をしたいクチだろう。
小回り向きの器用さもありそう。
斤量55kgが他馬と比較してどうかは気になるところ。

【3連複5頭BOX】[7番][8番][10番][11番][13番]

結果は…。
2. 着 ○[11番]シャルール
6. 着 注[7番]ナムラアン
9. 着 △[13番]リラヴァティ
10着 ▲[8番]ロッテンマイヤー
12着 ◎[10番]マイネグレヴィル

「何が何でもハナに行く構え」のはずの?マイネグレヴィル。
出遅れたようにも思えず、途中から行く気を見せるのかと思いきや…。

最後まで何も起こらず。。。

予想段階でリラヴァティの評価を5番手「△」のところ、「○」表記してました。
失礼しました。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3連単的中率をグンとあげる方法はコレ!

 <<徹底的に競馬に勝つ>>
 うまコラボの「コラボ指数」は
 3連単が3回に1回的中する実力。

この指数はあなたの競馬収支を
最速最短でプラスに変えるでしょう。
※無料公開中※
突然ですが、あなたに質問です!

3連単的中率をグンとあげる方法を考えてください。

パッと思いつくのはこんなところでしょうか。

1.競馬新聞を買う
2.競馬雑誌を買う
3.プロ予想家の予想を買う
4.点数を増やす
5.ゲン担ぎにカツ丼を食べる

きっとどれも正解です。
少なからず効果はあるでしょう。

でも、的中率に直結するような
もっとコスパがよく、
もっと効果的な方法が
あるとしたらあなたならどうしますか?

おそらく誰もが悩むことなく
その方法を選択するでしょう。

3連単的中率を劇的に変えるその方法。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは、
【コラボ指数を活用すること】です。
※無料公開中※

今あなたの頭には2つの「?」が
飛び回っているかもしれません。。。

【???コラボ指数ってなに???】

コラボ指数は、「スピード能力」「血統」、
「適性」、「統計データ」と
あらゆる要素を分析することによって、
3連単を3回に1回的中させる精度まで高めた指数です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【???なぜコラボ指数なの???】
その理由は、
圧倒的なコスパで圧倒的な的中率を
叩き出せる競馬データだからです。

具体的に言うと、
__________________

3連単が3回に1回的中する精度の指数が、  
わずか月額1980円で全レース見放題だから。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

コラボ指数を使えば、
あなたは予想する必要は一切なく、
買い目は1レース1分で出す事ができ、
点数は36点~60点(3連単の場合)で、
3連単が3回に1回的中させる事ができます。
その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

今なら1日最大18レースの指数が無料で公開中です。
まずはコチラから無料登録して
その実力を試してみてください!
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする