「見える人」

あてたろうです。

日刊ゲンダイに興味深い記事が掲載されていたので一部抜粋しました。
コラムを書かれたのは「甲斐谷 忍さん」という漫画家の方です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

“相馬眼を持つ人”と言えば、マイネル・コスモ軍団の総帥「岡田繁幸氏」というのは周知のとおり。
総帥の場合、馬の「造りやバランス」を重点に見て、走るか走らないかを判断している事が多い。
この総帥以外にもう一人「見える人」がいる。

それは「吉田照哉氏」だ。

吉田照哉氏が社長を務める「社台ファーム」の生産馬はひとつのレースに複数の馬が出走することが多い。
照哉氏の場合、総帥と違う点は「調子の良し悪しを見極める目」があるところのようだ。

パドックで照哉氏が「どの馬に視線を送っているか」に注目すれば、自ずと勝ち馬が見えてくる?(笑)
視線を送る回数が多かったり、ずーっと追いかけたりしている馬が「その中で一番気になる馬」だと判断できる。と。

社台ファーム生産馬の取り捨てに迷う時は”照哉チェック”を一身に受けた馬を買え!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

というのが記事を書かれた甲斐谷さんの見解のようだ。

確かに…それも一理あると思う。
「社台推し」のオレとしても共感できる部分はある。
ただし、我々”庶民”としてはテレビ画面を観ている限りで、その状況を伺い知ることは出来ない。
現場(競馬場)に出向いて、パドックで照哉氏を見つけることさえ至難のワザかもしれん(汗)

オレ自身も長く競馬を楽しんでいるうちに「社台ファーム生産馬の”ある事”」に気づいた。
「走る馬の条件(法則)がある」ことに!
特に2歳もしくは3歳TRで威力を発揮することがあるのだ!
(因みにコレはオレの勝手な思い込みだからね)
とはいえ、この法則に合致する馬が以前に比べて出走が少ない…
現れたとしても「不発」が多いんだけどね(笑)

ということで、今回はここまで。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする