【ジャパンカップ】古馬相手の札幌記念で3着と力を魅せたレインボーラインの取り捨ては!?

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

キタサンブラック、ゴールドアクターと有力処を先日紹介しましたが、
今度は未知の3歳馬レインボーラインを検証してみたいと思います。

今年はアーリントンCで重賞勝ちをし、
新馬から1600~1800mの成績に偏っておりNHKマイルを狙った感じ!?が、
見事12番人気の低評価を覆す3着と大健闘。
その後はまさかの日本ダービーへ向かい、
12番人気で8着と結果を出せなかったが勝ち馬マカヒキに0.7秒差は意外だった。

そこから神戸新聞杯や京都新聞杯ではなく、
秋始動戦が古馬でモーリスを相手の札幌記念へ向かい
後のG1マイルチャンピオンシップ3着馬のネオリアリズムに0.4秒差、
そして後のG1天皇賞・秋を勝ったモーリスに上がり最速タイで0.1秒差の3着と、
3キロの恩恵はあったとしても大健闘。

続くローテがこれまた意外な勝ち鞍が1600mまでで、
最高距離2400mが8着と敗けて未知にも関わらず、
今度はまさかのG1菊花賞へ向かい9番人気の低評価を覆す2着。

そしてジャパンカップへ早目に出走を表明とこれまたまさかの出走^^;
しかも福永Jがシュヴァルグランに騎乗の為、
鞍上が絶好調ルメールJに乗り替わりもプラスですよね。

今まで良い意味で期待を裏切ってきた馬だけに、
距離短縮、ルメールJ、日曜日は雨予報、55キロの材料があれば
勝ち切るはともかく馬券圏内の可能性はありそうですね。

3歳馬はディーマジェスティを筆頭に同馬、
そして秋華賞1番人気のビッシュも出てきます。

未知の力がどんな結果を齎すか本当に楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする