【ジャパンカップ】スクリーンヒーロー産駒となるゴールドアクターの取り捨ては!?

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

キタサンブラックに続き不安要素が少ないと思われる1頭、
昨年の有馬記念勝ち馬ゴールドアクターですね。

今年は始動戦日経賞は58キロを背負いながら最速の上がりで、
2着にサウンズオブアース、3着マリアライトを抑えつけた勝利で好スタート。

ところが続く天皇賞・春に1番人気に支持されるもまさかの12着と想定外の敗退。
そこから陣営は宝塚記念に向かわず休養に充てるという手段に。
そして秋始動戦のオールカマーを休み明けで58キロながら、
力でねじ伏せた感じの勝利からこのジャパンカップに向けて調整をされてきました。

天皇賞・春の敗因は!?という点は、
個人的に終始外を回ってもありそうだが距離が大きい様な…
菊花賞で3着に入った事で陣営も天皇賞・春はいけると踏んだ感じかな?
私はあのレースを見る限りは2500m前後が力を発揮できる距離と思えてしまい、
今回は2400mだけに得意の距離と想定してしまう。

また、東京コース【2102】に関しては2度の着外があるが青葉賞は4着だけに、
苦手意識はなさそう。成長途上だったという事と捉えれば度外視できそうで、
ましてや父があのスクリーンヒーローですからね^^;

穴党としてキタサンブラックかゴールドアクターを切りたいところだが、
どちらも考えれば考える程、馬券には絡んできそう><

1600~2000mはモーリス、2000~2500mはゴールドアクターと、
偶然にもうまく使い分けて結果を出してるスクリーンヒーロー産駒。
さて、2つ目の勲章を手に入れられるか本番が楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

「的中させてお金を稼ぐ」

それが競馬をやっているあなたの目的ですよね。
でも、思ったように的中できないのが現実。
それはなぜかというと、、、、、

「的中させるための予想」

ができていないから。

これから、「的中させるための予想」をお伝えします。

といっても、
新開発の○○○○○という競馬データを使うだけで
簡単に的中できるようになるんですけどね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この競馬データなら、競馬知識はゼロでOK。
むしろゼロの人の方が先入観がないので、
競馬経験者よりも断然早く結果が出ます。

先に○○○○○を知りたい人はURLをクリック!
無料登録はコチラ⇒※無料公開中※

競馬データも使うけど、
的中させるための予想を知りたいというあなたへ。
正しい予想とは、こうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1,スピードを分析して、能力を把握する
2,血統理論でポテンシャルを測る
3,統計データをみる
4, 適正をみる
5, 展開を予想する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これらの分析を競走馬“全頭”について行います。
ここまで漏れなく、正確に行えば、
あなたは競馬で生活ができるようになります。
特に1~4が重要。
1~4を正確にやれば、プロを超える結果を出せるでしょう。

ただ、これがなかなか大変。。。。。
正確に行うには、競馬知識も時間も必要です。

でも、この競馬データがあれば大丈夫。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そんな大変な1~4のステップを競馬知識ゼロの初心者でも
『たったの1分』で済ませることができるのが
○○○○○という競馬データなんです。
無料登録はコチラ⇒※無料公開中※

この競馬データは1~4すべてをコンピューターで分析。
あなたは無料でその結果を見ることができます。

あなたはその“分析結果を確認するだけ”なので、
必要な時間はわずか1分。

競馬初心者はベタ買いすれば3連単が3回に1回的中。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
競馬知識があるなら、
そこから展開の予想をするだけで
3連単が2回に1回的中なんてことも不可能じゃありません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このデータを知らない人は、
1~4のステップで時間をとられ、
展開の予想に時間を使えていません。
そもそも1~4の分析を正確に行えていません。

つまり、この競馬データを知っているだけで、
他の競馬ファンより、1歩も2歩も有利ということ。

今週末から使ってもらえるように、
今なら無料で1日最大18レースが見放題。
下のURLから登録すれば、ずっと無料。

用意するのはメールアドレスだけ。
この○○○○○という競馬データ。
名前だけでも知っておくべきですよ。

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする