東京大賞典は内田ジョッキー騎乗のアポロケンタッキーがG1初制覇!

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。
 
昨日大井競馬場で行われた東京大賞典ですが、
G1馬6頭が集結する注目のレースでしたが、
勝利したのは初騎乗となる内田Jを背に、
アポロケンタッキーがG1初勝利を挙げましたね。
 
G1馬がサウンドゥルーやノンコノユメ、コパノリッキー、
ハピースプリント、カゼノコ、アウォーディーの6頭がいる中で、
5番人気に支持されるも爆走しましたね。
 
みやこSでは強いと思いましたし前走の中央G1となるチャンピオンズCでは、
勝ち馬サウンドトゥルーに0.4秒差の5着でしたからね。
 
また、管理の山内調教師は久しぶりのG1勝利ですよね。
個人的に山内師といえば、
山元哲二氏が所有する『ダンツ』の冠のイメージがいまだ強い^^;
 
近年はダンツの馬の活躍が少なくなりましたが、
このコンビは宝塚記念を制したダンツフレームを思い出す。
 
アポロケンタッキーはまだ4歳と成長の余地も十分ですし、
来年の活躍を期待したいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする