2016年 小倉大賞典 予想

どうも、あっぷるです。

小倉ではG1ではなく川田、岩田、蛯名Jが参戦してる重賞戦となりました。
ハンデ戦だけに52~58キロと波乱要素も十分です。それでは、俺の当たる競馬予想です。

◎ ⑭テイエムタイホー
外枠はマイナスという意味で相当気になるが距離延長の方が良い意味で気になる。
冬場はデキがいいはずでここは期待してみる。

○ ⑥ハピネスダンサー
前走は鞍上のミスで内で窮屈な場面に。小倉実績にこの52キロの斤量は魅力的。
幸Jに乗り替わりで新味を期待してみる。

▲ ⑮コスモソーンパーク
58キロながら前走は一旦先頭で見せ場たっぷりの勝ち馬から0.0秒差の2着。
丹内Jへ乗り替わるが昨年同コンビで2着。小倉コース【2100】とパーフェクト連対で期待する。

△ ④マイネルフロスト
前々走は◎で前走は△と予想した私ですが理由は距離。
2000メートル以下でしか信頼度低いと思ってる今回は1800メートル。
記録のかかる蛯名Jにも期待したい。

× ②アルバートドック
トーセンレーヴやダッシングブレイズ、サトノラーゼン、ポルトドートウィユと接戦。
55キロでG3に引き続き川田Jなら期待十分で結果を求めたい。

上記、

②④⑥⑭⑮

5頭3連単BOXの60点で勝負!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
↓競馬予想サイトトップクラスのパフォーマンス!
↓楽して的中するズルい競馬データ!
※無料公開中※
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

『あなたに私の競馬収支をぶっちゃけます』

2017年6月。
私の競馬収支は初めて月100万円を超えました。

はんっ、どうせウソなんだろ。。。

何て思いましたか?

まぁ信じるか信じないかは別として・・・
今日はあなたに自慢をしたい訳ではありません。

もし、あなたが競馬の収支を上げたいと思うなら、
少しでも役に立ちたいと思い、ぶっちゃける事にしました。

私が感動すら覚えたこの方法を。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本業の年収は今でも300万円弱ですが、
たった1ヶ月間だけ1/3も稼いでしまったのですから。

勘違いしないでください。

■私には特に秀でた予想能力はありません

■努力も全くしていません

■1年で2回財布を落とす程、運も悪いです

『行った事はたった一つ』

ただ、ある競馬データを使って、
的中を重ねただけなんです。

このデータに出会ったからこそ、
何の取り柄もない私が【簡単に稼ぐ】ことができました。

その競馬データが、
あの有名な「うまコラボ」です
※無料公開中※

──────────────

あなただけに、暴露します!

──────────────

ここまで読んでいただいたあなただけに、
うまコラボを活用して簡単に稼ぐ方法を暴露します!

良く聞いてください。

あなたが確認するのは【上位人気順位】と【上位指数順位】

この二つだけ。

それだけで月収100万円が本当に可能です
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

上位の「オッズ」と「指数」の順位の差が大きいほど、
配当は美味しいのはもちろんの事、馬券にも絡みやすい傾向にあります。

上位とは大体6位くらいまでですね。

つまり・・・

差が大きいレースを探し出して、投資をする。

たったこれだけの作業で月収100万円ですよ。

詳しい方法はサイト内で説明がありますので、
見てみてくださいね。

1レースに必要な時間はわずか”3分”
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そう、うまコラボは、
予想スピードが尋常じゃないくらい早い事も魅力の一つです。

【うまコラボの指数を見る】

【対象レースを探して】

【買い目を出す】

この間わずか3分です。

それだけで、万馬券がバンバン的中ってなもんですよ。

この指数は的中率がハンパじゃないので
信頼して馬券が買えますしね。

ね?簡単でしょ?

ぜひ試してみてください!

追伸:

今日、私がお伝えしたことを

あなたが知っているか?知らないか?

このほんの少しの【差】が
人生を大きく変えることになるのかもしれません。

そして、最も重要なのが「やる」か「やらないか」です。

詳しい内容はここで確認できます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
いますぐ無料登録して試してください。

※無料公開中※
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする