【菊花賞(G1)】連勝で古馬を撃破した勢いで挑むクリノヤマトノオーが穴人気するのか!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

先日は菊花賞へ出走するメンバーから有力処をピックアップしましたが、
今回は少し穴的な存在になりそうな馬も紹介したいと思います。

馬名:クリノヤマトノオー(3歳・牡馬)
馬主:栗本守氏
管理:高橋(義)師
父:ジャングルポケット
母:ブリュンヒルト
母父:アグネスタキオン

新馬勝ちをし、続く500万下で3着に入った後は成績が停滞してましたが
ここへきて1800mで4戦連続3着内と馬券圏内で安定しているのは魅力。

推せるところは、
過去2000m以下の経験しかないがとも思うが…
これですね、ふと思い出したのが2009年の菊花賞、

1着:スリーロールス
2着:フォゲッタブル
3着:セイウンワンダー

をスリーロールス本命で馬券を獲った時。
他にもいますがこのスリーロールスも過去2000m以下で走っており、
前走が古馬相手に勝っての菊花賞勝ちでしたから距離実績は度外視できますね。
まぁ、血統が父ダンスインザダーク×母父ブライアンズタイムは抜きで^^;

次に前走は古馬相手に最速の上りでクビ差で1000万下を勝ちました。
嬉しい誤算は近2走が33秒台の上りを連発しており、
今まで34秒台しか出なかった事から成長著しいと思っても良いかな。

更には3走前の白百合Sでは池江師も期待のサトノクロニクル相手に、
ハナ差の2着は正直驚きましたがひょっとしたら!?と思わせる力。
そして追加登録料200万円を払ってまで出走してくるだけに、
関係者も自信あるという事でしょうとこれだけ推しはあるのですが、、、
馬主の栗本氏はダート重賞勝ちというイメージしか浮かなばい私で、
G1奪取はどうなんでしょうか?^^;

夢のG1制覇となるか!?
明らかに抜けた存在がいない今年の菊花賞だけに、
どんな結果になるか非常に楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3年連続プラス収支を達成した馬の選び方を暴露

突然ですが、あなたは馬を選ぶ時、
何を参考に選んでいますか?

一般的に多いのはこんな選び方でしょうか。

・オッズ人気を参考にする
・過去10年の統計データを参考する
・新聞の予想家の予想を参考にする

今日は、私自身が実際に
3年間連続でプラス収支を達成した、

  “稼げる馬の選び方”を
 お伝えしようと思います!
   
↓ ↓ 詳細はコチラ ↓ ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 競馬は4つのデータだけで
  ウソみたいに稼げる
~~~~~~~~~~~~~~
私が馬を選ぶ時に
参考にするデータはこの4つです。
この4つだけで競馬は勝てます。

   ■スピード指数 
   ■適正指数
   ■統計データ  
   ■血統理論

なぜ4つのデータを使うかというと、
1つのデータだけでは、
精度の高い予想ができないから。

逆に、多ければ多いほど良いわけでもなく、
情報を増やしすぎても精度はブレてしまいます。

私自身が実践を重ねて研究した結果、
この4つのデータを軸に予想することで、
3年連続でプラス収支を達成しました。

↓ 過去3年分の実績を公開 ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 このロジックで選んだ馬を
    無料で公開
~~~~~~~~~~~~~~
一言で、4つのデータで予想と言っても、
その分析量はとてつもなく膨大。

正直、すぐに実践することは難しいでしょう。

なので、この分析結果を
誰が見てもわかる、競馬データとして公開。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実際に見てもらえばわかる通り、
テッパン馬も穴馬も一瞬でわかります。
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この競馬データをみて馬券を買えば、
控え目に言っても、

  \3連単が3回に1回的中/

こんな予想家が発狂するような的中率を
叩き出せるようになるでしょう。

いまなら【無料】で公開しています。

↓ 今すぐコチラをクリック ↓
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする