2017年 エリザベス女王杯(G1)【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

2000年以降、3歳が7勝、4歳が6勝、5歳が4勝と若い世代が古馬と互角以上の結果を残している。
だが、最近は超一流の古馬牝馬がココではなく、天皇賞・秋やジャパンCをチョイスすることも多くなった。
毎年悩まされるエリ女。
うら若き乙女か、オトナのオンナか、熟女か。

そんなオレの予想は…。

◎[16番]ヴィブロス
G1を既に2勝。
昨年の秋華賞(G1)を勝ち、年明け初戦は中山記念(G2)を叩いてドバイへ遠征。
世界の強豪が揃ったドバイターフ(G1)を5番人気で制した。
当時、陣営は海外への輸送を心配していたが、馬自身が全く問題としていなかったよううだ。
これまで使ってきた距離は2000m以下だが、ドバイでは「2400m戦への参戦」を考えていたほどで、不安材料にはならない。
前走の府中牝馬S(G2)2着は7ヶ月の休み明けに加えて、逃げ馬に有利な流れ。
それでも残り1Fから外めに進路を取ってからの脚は「さすが海外G1馬」と思わせるものだった。
何より「ディアドラ」ではなく、「ルメールがこちらに騎乗する意味を考えるべき」だろう。
叩いた上積みは必至、これまでの実績を素直に信頼する!

◯[11番]ディアドラ
今年の秋華賞馬。
完勝だったレース内容はもちろん、驚かされるのが天井知らずの充実ぶりだ。
秋初戦の紫苑S(G3)は関西からの長距離輸送がありながらも馬体重はプラス12kg、本番の秋華賞で更にプラス12kg。
それでいて「太め感」を感じさせない身体つきは全てがパワーアップ分、まさに急成長を遂げた感じだった。
レースを使ってもへこたれないタフネスぶりは父ハービンジャー譲り。G1激走の疲れどころか、もう一段↑上のレベルまで状態を押し上げてきた。
桜花賞(G1)以降の6戦中、5戦で上がり最速をマークしているように最大の武器は破壊力のある末脚で外回りの舞台は間違いなく合う。
直線一気に突き抜けて、現役牝馬の頂点に立つ!

▲[12番]スマートレイアー
今年の4戦(京都記念から京都大賞典まで)2着→4着→2着→1着。
ヴィクトリアM(G1)4着を除いた中距離以上でバツグンの成績を残してきた。
特に今年初戦の京都記念(G2)でサトノクラウンと0秒2差の2着、前走の京都大賞典(G2)でもメンバー最速の上がり3F33秒4で一気差し。
一線級の牡馬相手に互角以上の走りを見せ、7歳になって長めの距離で結果を出せるようになっている。
これは母父側にある晩成型のホワイトマズルの血が大きく影響、血統的にも中長距離の差し競馬に適性があるのだ。
G1挑戦は今回で9度目、悲願達成は「武豊」ではなく、「川田」に託された!

注[5番]モズカッチャン
3歳牝馬3冠ではオークス2着、秋華賞3着と惜しくも結果は出せなかったが、いずれも積極策で中身の濃い走りを見せてきた。
レース史上、歴代2位の高速決着だったオークス(G1)は好位からしぶとく伸び、前走の秋華賞(G1)も先行策から粘りこみで踏ん張った。
特に重馬場だった前走、1コーナーで「落鉄していた」というから高く評価できる走りだったと言える。
激走後のもう一丁ではあるが、元来が「叩き良化型」だけに、反動よりも上積みを見込んでいい。
ミルコも今回で3度目の騎乗、負けず嫌いの彼にはもってこいの条件だ!

△[4番]クロコスミア
1600万→G2と連勝中。
前走の府中牝馬S(G2)は上がり3Fの勝負、「逃げたらしぶとい」同馬の能力を岩田が上手く出し切った。
しかも、逃げた展開で上がり33秒7の脚を使って追い上げるヴィブロスの追従を封じ込めた。
関西からの輸送があった中、プラス体重で出走できたことも成長の証、以前なら確実に減らしていた。
今日の枠も逃げ先行タイプには願ってもない好枠、初距離になるが「ステイゴールドの血」が母型の血を上回ってくれないか。
テン乗りの和田も「思い切って乗るしかない!」と宣言、元々はモズカッチャンの主戦騎手だったのに…。
逆襲の和田、怖い鞍上のひとりだ!

【3連複5頭BOX】
[4番][5番][11番][12番][16番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
1  着 注[5番]モズカッチャン
2  着 △[4番]クロコスミア
5  着 ◎[16番]ヴィブロス
6  着 ▲[12番]スマートレイアー
12着 ◯[11番]ディアドラ

◯⑪ディアドラは負け過ぎ。
というか、やはり秋華賞の激走による見えない反動があったか。
◎⑯ヴィブロスもここで伸びあぐねるようでは…。

△④クロコスミアを持ってただけに悔やまれるハズしかただ。
馬連でも80.3倍もついたぜよ…。

しかし、何故ミッキーを消した?
キタサンBに唯一、先着してる牝馬だぞ。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

競馬ユーザー1000名もの収支をプラスにさせた競馬指数とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<本当に実力のある競馬指数が新登場>

“初心者”も“経験者”も関係なく
月間収支プラスが簡単に目指せる

▼その驚くべき実力の秘密はコチラで公開▼
※無料公開中※
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一般的に・・・

 「ギャンブルで稼ぐ=難しいこと」

 そんな中、1000名以上もの人たちの
収支をプラスにさせている競馬指数がコレ。

本当に当たっているのか?
なぜこの競馬指数を使えば競馬に勝てるか?

 ↓その答えを完全暴露します↓

■───────────────■

    的中実績を大公開

■───────────────■

競馬で稼ぐためには、とにかく的中が必要。
あなたも的中できない競馬指数に用はないはず。

▼まずは的中実績をご覧ください▼

1月6日 24レース中 9レースで三連単的中(37.5%)

1月7日 24レース中12レースで三連単的中(50.0%)

1月8日 24レース中11レースで三連単的中(45.8%)

2018年、すでにこれほどの3連単的中を量産。
おそらく、あなたは今までに、
こんな確率で3連単を的中させたことはないでしょう。
それでも、あなたがこの競馬指数を使えば、
早速今週から的中させることが出来ます。

しかも、この指数はただ的中するだけでなく、
高額配当もしっかり捕えるんです。

 ◆1月6日 中山 3R 136,180円
 ◆1月7日 中山 10R  58,310円
 ◆1月7日 京都 4R  67,230円
 ◆1月7日 京都 8R  83,690円 
 ◆1月7日 京都 11R  51,230円  
 ◆1月8日 中山 4R  61,830円  
 
ここで紹介できない分も含めて、
過去実績は全て公開されているので
あなた自身の目で確認してください。
※無料公開中※

■───────────────■

1000名もの収支をプラスにできた理由

■───────────────■

一言でいうと、この的中精度のおかげ。

実績をご覧いただいた通り、

   《控えめに言っても》
   3連単が3回に1回的中
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この指数は馬の能力を分析しているので、
  
  【競馬知識が皆無】でも
  本当に強い軸馬と穴馬を
【一目瞭然】で判別することが可能です。

その結果、経験者だけでなく、
競馬素人も含めて、1000名もの収支をプラスに
させることが出来ました。

あなたも早速この競馬指数で稼ぎませんか?

この指数はメールアドレスだけでみることが出来ます。
今なら1日最大18レース分の指数を無料で提供。

▼まずは無料登録からどうぞ▼!
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする