2017年 ステイヤーズステークス(G2) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来週土曜日の重賞戦はマラソンレースのステイヤーズSが中山競馬場で行われます。
相変わらずこの距離になると頭数も減るのですが今年も…
やはり長距離で結果を出してもその後の需要も含め時代が厳しくなりましたね。
それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪中山競馬場 ステイヤーズステークス(G2) 芝3600メートル≫

アルバート:父アドマイヤドン×母父ダンスインザダーク ムーアJ

フェイムゲーム:父ハーツクライ×母父アレミロード ボウマンJ

プロレタリアト:父ハーツクライ×母父キングカメハメハ 杉原J

プレストウィック:父ダイワメジャー×母父リナミックス シュミノーJ

カムフィー:父ダンスインザダーク×母父ノーザンテースト 勝浦J

シルクドリーマー:父タニノギムレット×母父フジキセキ 戸崎J

グランアルマダ:父ダイワメジャー×母父クロフネ 石橋(脩)J

シホウ:父キングカメハメハ×母父デインヒル 吉田(隼)J

デルマサリーチャン:父ホワイトマズル×母父ダンスインザダーク 武士沢J

と、なってますね。

相変わらず頭数が少ない…
しかも2015、2016年とムーアJとのコンビで2連覇をしているアルバートが、
今年もムーアJを背に3連覇を狙ってきました。
さすがにちょっとこれは堅そうですね^^;

そして今年の目黒記念勝ち馬フェイムゲームがボウマンJへ、
更に昨年のステイヤーズステークスでは4着と見せ場を作ったプレストウィックが、
前走から引き続きシュミノーJに乗り替わりとなってますね。

うーん、やはり強いステイヤーがどんどん減少してる時代になってますので、
G1ならともかくG2、G3となると頭数を揃えるのが厳しいかな。

予想も波乱がそこまで見込めなそうですし土曜日的中はしましたが、
京都2歳ステークスの様なトリガミにならない事を願うばかりの私。
メンバー的には同日の阪神で行われ鵜チャレンジCの方が、
こちらも頭数は少ないがメンバー的に混戦模様で楽しみですね。

話しはステイヤーズステークスに戻し、
貴重なマラソンレースですがアルバートの3連覇となるか
そこが楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3連単が的中!思考停止で競馬に勝つ方法とは?

─━─━─━─━─━─━─━─━─
  あなたは知っていますか?

  この競馬データの推奨6頭で 
   ほとんど半分のレースで
  3連単が的中できることを。

つまり、この競馬データをみるだけで
   18頭立てのレースが
 思考停止で6頭立てのレースになる

↓↓↓ ということは・・・ ↓↓↓

    あなたは競馬で
 カンタンに稼げるようになります。

▼詳細はコチラをクリック▼
※無料公開中※
─━─━─━─━─━─━─━─━─

あなたは3連単を満足いく程
的中できていますか?

もし、的中できないのであれば、
↓↓↓その理由はきっとコレ↓↓↓

それはあなたが、
18頭×17頭×16頭=4896通りの買い目から
的中馬券の1通りを予想しているから。

ちなみに、同じレースを
この競馬データで予想している人は、
6頭×5頭×4頭=120通りから予想しています。

4896分の1と120分の1、
どちらが“当たりやすい”か、
どちらの予想が“簡単”か、
誰がみても明らかですよね。

この競馬データを使っている競馬初心者は、
1レースあたり1分という短い予想時間で
3連単をバシバシ当てて、
月間収支プラス42万円を達成しています。

▼この6頭で勝負!全く新しい競馬データ▼
※無料公開中※
   ─━─━─━─━─━─

初心者が3連単を的中できるのは、
単純に、この競馬データの精度が高すぎるから。

例えば
12月2日の3連単の的中率は50%。
(36レース中18レースで的中)

12月3日の3連単の的中率は55.6%。
(36レース中20レースで的中)

最高配当金額
12月3日 中山9R
チバテレ杯 128,660円

ただ当てるだけでなく、
当てたうえで、しっかり回収もできる
超高精度の競馬データなんです。

さらに、この競馬データの推奨6頭から
あなたのロジックで絞り込めば
回収率をもっともっとあげることができるでしょう。

   ─━─━─━─━─━─

この競馬データのスゴイところは

 どんなレースでも“思考停止”で
  6頭まで絞り込めること

あなたは、いつまで4896分の1の勝負を続けるんですか?

まずは無料でその実力を試してください。

▼コチラから今すぐ無料登録▼
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする