【日経新春杯2018】セダブリランテスの重賞勝ちに続け!兄弟2週連続重賞制覇でモンドインテロの初重賞制覇に期待

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末はハンデ重賞の2400mで行われる日経新春杯(G2)に
最有力候補となるミッキーロケット等が出走してきますが、
年明け3日連続重賞勝利となったシルクレーシングの馬に注目したいと思います。

そのシルクレーシングですが中山金杯(G3)はセダブリランテスで、
フェアリーステークス(G3)はプリモシーンで、
そしてシンザン記念(G3)はアーモンドアイと、
全て戸崎ジョッキーで3日間連続重賞Vとなりいきなり好ダッシュ決めた感じです。

日経新春杯への登録馬が13頭という事ですが、
登録馬では唯一モンドインテロがシルクレーシングの馬となります。

馬名:モンドインテロ(6歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:手塚師
父:ディープインパクト
母:シルクユニバーサル
母父:ブライアンズタイム
鞍上予定:ルメールジョッキー

まだ重賞勝ちはないものの昨年の同レース日経新春杯(G2)ではシュミノーJで、
ミッキーロケットを相手に0.3秒差の3着でした。
その他、ステイヤーズステークス(G2)でアルバートを相手に3着と勝ち切るか!?
というところは気になりますし半弟のセダブリランテスが中山金杯(G2)を制した事から、
兄のモンドインテロで2週連続重賞Vの可能性と俄然注目の1頭となりますね。

鞍上は3日連続重賞Vを飾った戸崎Jではありませんが、
13日まで騎乗停止となってたルメールJが乗れるなら実力は折り紙付き。
強いて気になるのはハンデッキャッパーがどの程度乗せてくるか気になりますし、
ここは勝利に向けて大きなポイントになります。

また、手塚師からここを勝つ様だと2018年2月24日にアルライヤン競馬場で行われる、
カタールのエミールズトロフィー(G1) 芝2400mに予備登録の予定。
結果次第という事だがここは力の入る一戦ですね。

つい先日、

馬名:マクマホン(3歳・牡馬)
戦績:7戦4勝2着1回3着1回
馬主:島川隆哉氏
管理:S・ボッティ師
父:ラモンティ
母:ミススルティン
母父:セルティックスウィング

と、島川氏所有のマクマホンがカタールダービー(G1)を制しており、
マクマホンとの対決の可能性も見えてきます!

この日経新春杯でモンドインテロがどんな結果を出すか非常に楽しみです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする