【高松宮記念(2018)】レッドファルクス、ファインニードル、レッツゴードンキなどの有力馬で決まる!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週はG1スプリント戦となる高松宮記念が中京競馬場で行われます。
メンバーも豪華でかなり揃いました。
そんな中有力馬を独断と偏見で紹介していきたいと思います。
先ずは、1番人気の可能性が高い、

馬名:レッドファルクス(7歳・牡馬)
馬主:東京ホースレーシング
管理:尾関師
父:スウェプトオーヴァーボード
母:ベルモット
母父:サンデーサイレンス
鞍上予定:デムーロジョッキー

ですね。この馬のスプリント能力は誰もが知ってると思いますが、
2016年&2017年のスプリンターズSで連覇を達成し、
昨年の高松宮記念が3着の実績を持つ同馬。
今年の始動戦で前哨戦となる阪急杯ではG1・2勝馬ながら、
新星モズアスコットに1番人気を奪われ2番人気となりました。
結果はハナを切ったダイアナヘイローがユタカマジックで逃げ切り勝ち、
続くモズアスコット(2着)に先着を許し、
結果3着と馬券圏内を確保した形となりました。

ただ悲観する事なかれ勝ち馬ダイアナヘイローは54キロ、
2着のモズアスコットは56キロに対しレッドファルクスは58キロ。
これは休み明けの上に馬券圏内を確保した事を評価したい。

また、ことマイルになれば話は別だが今回は、
スプリント戦に鞍上デムーロJに戻り叩き2戦目で定量。
初の高松宮記念制覇の可能性は高そうですね^^;

続くは、

馬名:ファインニードル(5歳・牡馬)
馬主:ゴドルフィン
管理:高橋(義)師
父:アドマイヤムーン
母:ニードルクラフト
母父:マークオブエスティーム
鞍上予定:川田ジョッキー

昨年のセントウルSでダンスディレクターなどを破り、
2着ラインミーティアに1馬身1/2差をつけ勝利し、
続くG1スプリンターズSでは穴人気の6番人気に支持されました。
結果は6着も勝ち馬レッドファルクスとは0.7秒差と通用する力は魅せました。

今年の始動戦で前哨戦となるシルクロードSでは、
成長分か+18キロに鞍上川田Jに乗り替わりも、
2着に入ったG1馬のセイウンコウセイやナックビーナス、
カラクレナイなどを寄せ付けない2馬身差の完勝となかなかの競馬。
こちらもレッドファルクス同様叩き2戦目となり前進が期待されますし、
鞍上川田Jは信頼度が高いですね。

そして、

馬名:レッツゴードンキ(6歳・牝馬)
馬主:廣崎利洋HD
管理:梅田師
父:キングカメハメハ
母:マルトク
母父:マーベラスサンデー
鞍上予定:岩田ジョッキー

桜花賞馬となった以降は早熟では!?や、もう終わったと…
散々言われてましたが距離を縮めてきた2016年の函館SSで3着と再度開花!
続くキーンランドCも3着となり初ダのG1・JBCクラシックで2着の激走。
そして2017年には高松宮記念、スプリンターズS共に2着と
後一歩の競馬が続いてます。

今年の初戦が障害2回目のダート戦となるG1フェブラリーSでしたが、
結果は5着とダート猛者相手に芝・ダート問わず好走する事を証明しました。

今回で叩き2戦目で鞍上が岩田Jに戻るのも大幅プラス。
岩田Jはレインボーラインで阪神大賞典を勝っての勢いもあり、
人馬共に勢いがあります。堅実さが魅力の1頭です。

最後に、今年の始動戦がこの高松宮記念となってしまった、

馬名:ダンスディレクター(8歳・牡馬)
馬主:太田珠々子氏
管理:笹田師
父:アルデバランⅡ
母:マザーリーフ
母父:サンデーサイレンス
鞍上予定:武(豊)ジョッキー

ダイアナヘイローもいる中で武(豊)Jはこちらに騎乗予定。
昨年になるが前走の阪神Cではあのペースで前がつぶれる中、
4番手で2着に粘った力は侮れない。
また、関西圏ではかなり堅実な走りをするだけに、
4~5番人気で年齢的にも条件的にも、
ここが最後のG1奪取チャンスの気がする私。
豪快な一発があってもおかしくないと思ってます。

そんなこんなで勝手ながら4頭ピックアップしましたが、
この中で勝ち馬が出そうな気がしてる私でした^^;

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする