【毎日杯2018】ギベオン、ブラストワンピース、インディチャンプの無敗馬やシャルドネゴールドは!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は俄然注目のG1高松宮記念が開催されますが、
個人的にはクラシックへ向けどんな結果になるか気になる、
毎日杯の有力処を勝手に検証してみたいと思います。
敢えて人気になりそうなファストアプローチは省きますwww

先ずは、

馬名:ギベオン(3歳・牡馬)
馬主:社台RH
管理:藤原師
父:ディープインパクト
母:コンテスティッド
母父:ゴーストザッパー
鞍上予定:バルジュージョッキー

デビュー2連勝で無敗の同馬。
前走は後のスプリングSで3着となったマイネルファロンに、
最速の上りで3/4馬身の競り勝ちと着差は少ないものの、
超良血馬のブレステイキングやエリスライトなど、
なかなか骨っぽいのを相手にしたと考えれば評価はできる。

また何より心強いのは超絶好調の藤原師が管理してる点。
先週もきっちり初芝のミスターメロディを快勝させるなど安定感抜群の成績。
個人的に不安は鞍上バルジューJ…だが、
そのバルジューJも今週が短期免許ラスト週だけに奮起するはず!?
無敗馬が多いレースだが十分候補に入れられるレベルですね^^;

次に、

馬名:ブラストワンピース(3歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:大竹師
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
鞍上予定:池添ジョッキー

デビュー2連勝でまだ底を魅せてない同馬。
前走の2戦目ゆりかもめ賞(3歳500万下)では2着ドレークに4馬身の差をつけ、
最速の上りで圧勝。その中には京成杯(G3)でジェネラーレウーノを相手に、
0.2秒差の3着となったイエッツト(7着)もおりなかなかの魅力な1頭。
勢いのあるシルクレーシングでもありますからね。

また、今後を踏まえ絶対的に賞金を加算したい状況になってる様です。
まさに勝負気配がプンプン…というのが、
「ここで結果を出せば日本ダービー」と池添Jが陣営から聞いており、
となるとここはかなり仕上げてくるはず。
かなり馬券圏内に有力の1頭となりそうな気がしてます^^;

そして、

馬名:インディチャンプ(3歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:音無師
父:ステイゴールド
母:ウィルパワー
母父:キングカメハメハ
鞍上予定:岩田ジョッキー

またまたシルクレーシングからデビュー2連勝と、
こちらも底を魅せてない1頭ですね。
デビュー戦はクビ差の接戦だったが前走3歳500万下とはいえ、
相手が後のエルフィンS(OP)を制したレッドサクヤ相手に、
最速の上りで1馬身1/4差の勝利は魅力。
調教もあのダンビュライト相手にクビ差先着と好調の様ですし、
デビュー2戦だけでも強いレースをしてると思っており、
個人的には2~3番人気と思ってるのだがどう出るか?
不安は折り合いだと思うので鞍上岩田Jも勢いに乗って…
かなり有力の1頭と思ってます^^;

最後に、

馬名:シャルドネゴールド(3歳・牡馬)
馬主:青芝商事
管理:パカパカファーム
父:ステイゴールド
母:セルフプリザヴェーション
母父:ライオンハート
鞍上予定:川田ジョッキー

4戦2勝2着1回3着1回の超堅実な同馬。
新馬戦は3着も後の札幌2歳S馬となったロックディスタウンに0.2秒差の3着。
2走前の葉牡丹賞では後の京成杯勝ち馬ジェネラーレウーノにハナ差の2着、
前走2歳500万下だが5着フランツや2着エタリオウを破り勝利。
また同レースで7着に破ったアイトーンがのその後若葉Sで逃げ切り勝ちと
決してレベルが低いレースではなかった。

そして昨年のアルアインでここを勝ち後に皐月賞を勝たせた池江師なら、
賞金加算も含めクラシック出走へ向け一発を狙ってくるでしょうね。
上記3頭に比べ無敗馬ではないが、闘ってきた相手は魅力ですね。

という事で、4頭ピックアップしましたが…
どれも魅力過ぎてこれ穴党としてはどの馬を切るかが非常に難しい。
更にファストアプローチやユーキャンスマイルなど侮れない馬もいますが、
先週4戦3勝となった予想の勢いで今週も当てたいところ。

じっくり考えて予想したいと思います。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする