2018年 ニュージーランドトロフィー(G2) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

4月7月(土)に中山競馬場ではマイルの3歳G1NHKマイルCのTRレースとなる、
ニュージーランドトロフィーが行われます。
3着までの優先出走権をかけたレースだけに賞金足りない組の好走で波乱も必至。
それでは、出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪中山競馬場 ニュージーランドトロフィー(G2) 芝1600メートル≫

ケイアイノーテック:父ディープインパクト×母父スマーティージョーンズ 戸崎J

リョーノテソーロ:父ジャスティンフィリップ×母父スパイツタウン 吉田(隼)J

ファストアプローチ:父ドーンアプローチ×母父マルジュ 田辺J

コスモイグナーツ:父エイシンフラッシュ×母父スペシャルウィーク 柴田(大)J

カシアス:父キンシャサノキセキ×母父ディラントーマス 浜中J

ラムセスバローズ:父カーリン×母父ディキシーユニオン 内田J

デルタバローズ:父イントゥミスチーフ×母父ハードスパン 大野J

カツジ:父ディープインパクト×母父ホワイトマズル 松山J

アイスフィヨルド:父クリストワイニング×母父ディープインパクト 北村(宏)J

アンブロジオ:父ローズキングダム×母父ソングアンドアプレイヤー 石橋(脩)J

イサチルルンルン:父パイロ×母父ハウスバスター 国分(恭)J

ゴールドギア:父ロードカナロア×母父ゼンノロブロイ 武藤J

カイザーメランジェ:父サクラオリオン×母父サクラプレジデント 黛J

と、なってますね。

1番人気は朝日杯FS4着のケイアイノーテックか、
それとも目下3連勝でOPクロッカスSを制したリョーノテソーロあたりでしょうか?
ファストアプローチやカシアス等強い馬と闘ってきた実績馬もいます。

今回の出走予定メンバーを見て個人的に凄く興味のあるのは、
猪熊氏所有のラムセスバローズやデルタバローズ、
了徳寺氏のリョーノテソーロなどなど〇外馬が多く、
血統的に興味津々の馬がどんな結果を出すのか気になります。

そして最大のショックが1つ…何故にケイアイノーテックに戸崎Jが!?
過去、川田J、福永J、幸Jと騎乗してきましたが
よりによって昨年から信頼度が低い戸崎Jを配してきましたか…
血統的魅力の馬、そして戸崎Jがこの馬でどんな結果を出すか気になります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3連単的中率をグンとあげる方法はコレ!

 <<徹底的に競馬に勝つ>>
 うまコラボの「コラボ指数」は
 3連単が3回に1回的中する実力。

この指数はあなたの競馬収支を
最速最短でプラスに変えるでしょう。
※無料公開中※
突然ですが、あなたに質問です!

3連単的中率をグンとあげる方法を考えてください。

パッと思いつくのはこんなところでしょうか。

1.競馬新聞を買う
2.競馬雑誌を買う
3.プロ予想家の予想を買う
4.点数を増やす
5.ゲン担ぎにカツ丼を食べる

きっとどれも正解です。
少なからず効果はあるでしょう。

でも、的中率に直結するような
もっとコスパがよく、
もっと効果的な方法が
あるとしたらあなたならどうしますか?

おそらく誰もが悩むことなく
その方法を選択するでしょう。

3連単的中率を劇的に変えるその方法。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは、
【コラボ指数を活用すること】です。
※無料公開中※

今あなたの頭には2つの「?」が
飛び回っているかもしれません。。。

【???コラボ指数ってなに???】

コラボ指数は、「スピード能力」「血統」、
「適性」、「統計データ」と
あらゆる要素を分析することによって、
3連単を3回に1回的中させる精度まで高めた指数です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【???なぜコラボ指数なの???】
その理由は、
圧倒的なコスパで圧倒的な的中率を
叩き出せる競馬データだからです。

具体的に言うと、
__________________

3連単が3回に1回的中する精度の指数が、  
わずか月額1980円で全レース見放題だから。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

コラボ指数を使えば、
あなたは予想する必要は一切なく、
買い目は1レース1分で出す事ができ、
点数は36点~60点(3連単の場合)で、
3連単が3回に1回的中させる事ができます。
その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

今なら1日最大18レースの指数が無料で公開中です。
まずはコチラから無料登録して
その実力を試してみてください!
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする