2018年 天皇賞・春(G1) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

4月29日(日)に京都競馬場で行われるG1の天皇賞・春のですが、
個人的に近年の長距離離れを感じる私だけに3200mながら、
それなりに頭数が揃う事が嬉しい私。
それでは、出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪京都競馬場 天皇賞・春(G1) 芝3200メートル≫

クリンチャー:父ディープスカイ×母父ブライアンズタイム 武(豊)J

レインボーライン:父ステイゴールド×母父フレンチデピュティ 岩田J

ミッキーロケット:父キングカメハメハ×母父ピヴォタル 和田J

シュヴァルグラン:父ハーツクライ×母父マキャヴェリアン ボウマンJ

ソールインパクト:父ディープインパクト×母父エクスチェンジレート 福永J

トーセンバジル:父ハービンジャー×母父フジキセキ デムーロJ

スマートレイアー:父ディープインパクト×母父ホワイトマズル 四位J

アルバート:父アドマイヤドン×母父ダンスインザダーク ルメールJ

カレンミロティック:父ハーツクライ×母父エーピーインディ 池添J

サトノクロニクル:父ハーツクライ×母父インティカブ 川田J

ガンコ:父ナカヤマフェスタ×母父シングスピール 藤岡(祐)J

チェストナットコート:父ハーツクライ×母父クロフネ 蛯名J

トミケンスラーヴァ:父タイキシャトル×母父デヒア 秋山J

シホウ:父キングカメハメハ×母父デインヒル 小牧J

ヤマカツライデン:父シンボリクリスエス×母父ダンスインザダーク 松山J

トウシンモンステラ:父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス 藤岡(康)J

ピンポン:父ハーツクライ×母父ホワイトマズル 宮崎J

と、なってますね。

私の想定ですが1番人気はシュヴァルグランが人気を背負いそう。
続くは前哨戦で敗けてしまったクリンチャーや、
阪神大賞典で久しぶりの重賞制覇となったレインボーライン、
そしてサトノクロニクルや鞍上でトーセンバジル等が続きそうです。

穴的存在としては日経賞で見事重賞初制覇となったガンコ、
2着馬のチェスナットコート、ダイヤモンドS3着のソールインパクトや、
長距離砲でまさかのルメールJ騎乗と鞍上強化のアルバート等などが続きそうですね。

シュヴァルグランが巻き返してくるのか!?
それとも勢いに乗ったレインボーラインや、
京都記念でG1馬を4頭も切り捨てたクリンチャーが一矢報いるか!?
どんな競馬となるか興味津々。

本番が楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする