【POG】ディープインパクト産駒で母ユニバーサルの2016となるウラカワノオトの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

個人的には血統的魅力十分でニューワールドレーシング所有の1頭になりますが、
ディープインパクト産駒で母ユニバーサルの2016から、
ロンドンブーツの田村淳氏が1口を持ってるというウラカワノオトを紹介したいと思います。

馬名:ウラカワノオト(2歳・牡馬)
馬主:ニューワールドレーシング
管理:矢作師
父:ディープインパクト
母:ユニバーサル
母父:ブライアンズタイム

母のユニバーサルですが全36戦3勝馬ですが23戦は上り3位以内という上りを使えてたが、
勝ち切れず活躍できませんでしたが祖母はG1のエリザベス女王杯を勝利し、
中京記念、マーメイドS、府中牝馬Sをも勝利した血統から引退後は繁殖へと上がりました。

そのユニバーサルの仔ですが、

2009:エリモヴィエント(父ダイワメジャー/牡馬)
中央でデビューしましたが全40戦1勝で1勝は地方競馬で活躍はできませんでした。

2010:エリモフローラ(父ゼンノロブロイ/牝馬)
中央でデビューも勝ち切れず地方移籍で29戦3勝と活躍はできませんでした。

2012:ラヴィーダヴィー(父ダイワメジャー/牝馬)
中央で4戦も0勝とこちらも活躍はなし。

2013:クリノカルソンヌ(父ワークフォース/牡馬)
中央デビューで勝ち切れず18戦1勝で登録抹消と父がワークフォースでも活躍はできず。

2014:ワールドフォーラブ(父ディープインパクト/牝馬)
ディープインパクトとの配合でマイルで新馬勝ちし12戦2勝の現役馬。
今年7月には500万下で2着と戦績が距離1200mに偏ってるのは意外だが
今後の活躍を祈りたいですね。

2015:クリノアリエル(父ディープインパクト/牝馬)
こちらもディープインパクト産駒だが14戦0勝も【0437】と2着、3着も半分あり
ラストの脚も9戦は上り3位以内だけにあと一歩ですが…

そしてこの2016となるウラカワノオトもディープインパクト産駒となります。
ディープインパクト×母父ブライアンズタイムだと個人的にはディーマジェスティを思い出すが、祖母のエリモエクセルの血も絡み活躍馬が出てもおかしくないし、
ひょっとしたらひょっとするかも!?ですね!

因みにこの馬ってロンドンブーツの田村淳氏が1口馬主としてデビューした馬でしたね。
名付け親も田村淳氏なのかな?噂では今月入厩予定でしたがしたのかな?
馬体が450キロ以下だった記憶があるので増えてればいいなぁ…と思いますが、
矢作師に預託されてますし、ニューワールドレーシングも期待の1頭でしょうね。

デビューがまだ決まってませんがどんな走りをするか気になります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする