2018年 ターコイズステークス(G3) 予想&結果 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったフローレスマジックは飛んだものの3連単が69万円…人気馬が飛びこれはかなり厳しかったな^^;
そんな私の予想は、

◎ ⑮カワキタエンカ 14着(7番人気)
3走前はG1での力不足で14着、2走前はまさかの大逃げで6着、前走はダートで度外視と、近走は原因があっての敗退と考えれる。また適距離は1800mとしても今回は横山(典)Jの出方次第もあるが単騎逃げが見込めそうなメンバー構成。池添Jは2走前の荷の轍を踏まなければ…で期待してみる。

○ ⑫ミエノサクシード 9着(12番人気)
前走OPながら最速の上りでクビ差もきっちり差し切った相手は後にスワンSで0.1秒差の4着。枠も外枠でプラス材料で距離は3勝の実績もある。初の中山も無欲の一発で馬券県内を見込めないか?ゲート不安を覚悟でじっくり脚を貯め最後の爆発力に一か八か期待してみる。

▲ ⑨レッドオルガ 6着(6番人気)
血統から安定して走る仔を出すエリモピクシーらしく同馬も堅実さをが光る。
距離【5011】と得意な舞台になりやや不安の右回り【0011】も今ならこなせそう。2走前は折り合いを欠いて6着もCデムーロJの手腕ならと期待したい。

△ ⑬フロンテアクイーン 4着(4番人気)
前走エリザベス女王杯はメイチな気もするがこと中山【1412】と得意とする舞台に、マイル【0514】と勝ち切れずともプラス材料。ディアドラとも接戦を演じた同馬に今回鞍上はマーフィーJと好走する可能性は十分。好走を期待する。

× ⑩プリモシーン 8着(1番人気)
前走G1の秋華賞でも期待した私ですがやはり距離の壁を感じた一戦で結果7着。
今回は2走前の関屋記念で古馬を撃破したマイルに戻るのはプラスな上に鞍上はビュイックJ。距離【3102】にコース【1100】なら好勝負必至とみて期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線真ん中から鋭い脚を伸ばした5 番人気のミスパンテール、
2着は直線半ばで一旦先頭に立とうとした10番人気のリバティハイツ、
3着は直線内の後方から一気に脚を伸ばした13番人気のデンコウアンジュでした。

我が本命の◎カワキタエンカですが結果14着となりました。
外枠からまずまずのスタートを切り外から一気に先頭へ取りつきました。
道中は自身のスタイルで逃げれたのはよかったがフロンテアクイーンにつつかれながらが少し早いペースに…結果直線で一瞬脚を伸ばしたがオーバーペースでジエンドでしたね。

馬券的には…マイペースの逃げを想定したがハイペースのカワキタエンカ、
それをつつく形で追いかけたフロンテアクイーンとこの時点でもう2頭は厳しいと思いましたしまさに完敗なレース。3着デンコウアンジュに2着リバティハイツをこのメンバーから選ぶのは…穴党としてもこれはかなり厳しかったです。個人的に自信があったプリモシーンまでもが飛んだのは予想外だったが今年も荒れたターコイズSでした。

残念ですが明日はG1朝日杯フューチュリティステークスです。
巻き返しに向けて予想頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました