2022年 中山金杯(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

年明け初予想は、来たら仕方ないで切ったヒートオンビートが3着に粘り1頭抜け…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 11 シャムロックヒル 7着(6番人気)
昨年のマーメイドS(G3)が軽量50キロを味方に逃げ切り重賞初勝利。相手で当時2着のクラヴェルが後の牝馬G1で3着、当時4着のアンドラステは中京記念を勝ち他重賞で2着2回と好走。前走やりあった同型との兼ね合いは気がかりも、叩かれた上積みにハンデ52キロで一発を期待してみる。

◯ 17 スカーフェイス 2着(7番人気)
前走チャレンジC(G3)で、勝ち馬ソーヴァリアントや3着ペルシアンナイトと最速タイの上がりで5着。また勝ち馬はともかく当時同斤量だった2着のヒートオンビートに僅か0.2秒差、今回コチラは2キロ斤量が軽くなるのはプラスで初の中山も急坂は苦にしないはず。好走を期待する。

▲ 16 ウインイクシード 6着(8番人気)
2019年の3勝クラスで勝った以降、OPに上がって勝ち星がなし。ただ、20年と21年の中山金杯で連続3着と好相性レースは事実。近走3走は勝ち馬に0.4秒差以内と差は僅かで8歳の衰えもなし。中山2000mで【0321】で主戦松岡Jに手が戻り、“金杯男”に好走を託す。

△ 8 レッドガラン 1着(4番人気)
昨年の京都金杯で始動し勝ち馬に0.4秒差の6着。その後マイルを中心にLを5戦【0032】し、1戦を除けば勝ち馬とは0.3秒差以内だが後一歩。今年は中山金杯始動でこの距離延長がカンフル剤にならないか!?。1800mで4勝の実績からもう1F踏ん張れればここでも…馬券圏内で期待する。

× 6 ヴィクティファルス 13着(3番人気)
クラシック皆勤賞で9、14、10着と厳しい結果も、やはりデビュー2戦目の共同通信杯2着は魅力。勝ち馬エフフォーリアに0.4秒差、3着のダービー馬のシャフリヤールにアタマ差先着、そして5着が有馬記念4着のステラヴェローチェ。中距離のG3にクラスが下がり、重賞勝ちの中山なら好勝負を期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線一気に馬場の真ん中から追い込んだ4番人気のレッドガラン、
2着は直線大外から脚を伸ばした7番人気のスカーフェイス、
3着は後方で馬群を塗って追い込んだ1番人気のヒートオンビートでした。

1度使って更に馬体増は想定外…

我が本命の◎シャムロックヒルですが結果7着となりました。スタートは真ん中よりやや外寄りな11番でしたが、好スタートから同型の兼ね合いはあるが前に出して1角へ。その1角では理想の逃げ展開となりましたね。馬体増がどう出るか気になるところも、道中は折り合いも付いてスローペースはプラス。3角でやや後方に突っつかれるが譲らず逃げて、4角で徐々に後続との差が詰まりも粘って直線へ。その直線では直線半ばまで粘るが最後は止まったのは太めが響いたかな。。。

4、7番人気を当てても1番人気を…

予想的に、1着のレッドガランは裏本命2番手の△で強い勝ち方でしたね。2着は大外から飛んできた◯のスカーフェイスだが…3着は敢えて来たら仕方ないできったヒートオンビートでした。うーん、勿体ない事をしたが…穴党としては毎年そうだが新年早々攻めないと空回りが多いのも事実。しかしシャムロックヒルは馬体増はいかんですよね…前日予想だけに馬体重までは読めないが仕方ない。という事で3連単は75,640円で好配当になりましたね。そして残念ながら2022年最初の予想は、無念の1頭抜けでハズレましたが今年も1年宜しくお願い致します。

さて、今週末の日曜にはシンザン記念(G3)と、祝月にフェアリーS(G3)が開催されます。クラシック世代の3歳重賞ですので何とか的中に向けて好予想ができるように頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました