2019年 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

2019年1月20日(日)に中山競馬場で開催されるG3のアメリカンジョッキークラブカップ(AJCC)。デビュー4戦目でG1の菊花賞を制したフィエールマンが始動してきます。また、骨っぽい馬も出てくるが頭数がフルゲートにならなそうなのが残念ですが…それでは、出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪ 中山競馬場 AJCC(G2) 芝2200メートル ≫

ジェネラーレウーノ:父スクリーンヒーロー×母父ロックオブジブラルタル 田辺J

フィエールマン:父ディープインパクト×母父グリーンチューン ルメールJ

ダンビュライト:父ルーラーシップ×母父サンデーサイレンス 北村(友)J

シャケトラ:父マンハッタンカフェ×母父シングスピール 戸崎J

メートルダール:父ゼンノロブロイ×母父シルヴァーホーク マーフィーJ

ステイインシアトル:父ステイゴールド×母父ビロングトゥミー 内田J

ミライヘノツバサ:父ドリームジャーニー×母父シルバーチャーム 北村(宏)J

グレイル:父ハーツクライ×母父ロックオブジブラルタル 津村J

サクラアンプルール:父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス 蛯名J

ショウナンバッハ:父ステイゴールド×母父サクラバクシンオー 三浦(皇)J

マイネルミラノ:父ステイゴールド×母父ポリッシュプレセデント 柴田(大)J

アクションスター:父アグネスタキオン×母父ルーソリテール 未定

となってますね。

やはり人気を背負うのは菊花賞でアッといわせたフィエールマンでしょうね。デビューして僅か4戦目、しかも500万下の身でありながらルメールJの手腕もありG1馬となったのは驚きでした。果たして距離がハマったのか?フロックか?本当に強いのか?と色々な意見があるが、骨っぽいのを相手に証明ができそうですね。

そして皐月賞3着馬でセントライト記念で強い勝ち方をした田辺J騎乗のジェネラーレウーノ、同レース昨年の覇者で北村(友)J騎乗のダンビュライト、一昨年の有馬記念6着後に戦線離脱した戸崎J騎乗予定のシャケトラの復帰戦、G1以外の中山では好走率の高い蛯名J騎乗のサクラアンプルールが参戦してきます。

また、マーフィーJのメートルダールがG3ならともかくG2でどこまで!?、そして岩田Jに手が戻らず津村Jの継続騎乗となったグレイル、近2走が厳しい結果だが一昨年に3着、日経賞でシャケトラの2着の実績もあるミライヘノツバサと馬券圏内の穴っぽい馬もいるだけにどんなレースとなるか気になるところです。

一方、中京ではフェブラリーステークスの優先出走権をかけた東海Sもありますが、アメリカンジョッキークラブカップの方がメンバー的に楽しみな私です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする