2019年 きさらぎ賞(G3) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

2019年2月3日(日)には京都競馬場でG3のきさらぎ賞が開催されます。頭数がかなり怪しく登録馬はいても実際に出走しそうなのは6~7頭?ただ、良血馬や実績を残した馬が出走予定だけにどの馬が勝つのかは興味津々なところ。それでは、出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪ 京都競馬場 きさらぎ賞(G3) 芝1800メートル ≫

アガラス:父ブラックタイド×母父ブラックホーク 戸崎J

ダノンチェイサー:父デイープインパクト×母父ロックオブジブラルタル 川田J

ヴァンドギャルド:父ディープインパクト×母父モティヴェーター MデムーロJ

エングレーバー:父オルフェーヴル×母父シンボリクリスエス 藤岡(佑)J

メイショウテンゲン:父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ 松山J

タガノディアマンテ:父オルフェーヴル×母父キングカメハメハ 秋山J

サンアップルトン:父ゼンノロブロイ×母父キングカメハメハ 未定

マコトジュズマル:父ハービンジャー×母父サンデーサイレンス 未定

となってますね。

やはり主役になりそうなのはデビュー2戦目のコスモス賞(OP)で2着、前走の東スポ2歳S(G3)で後のホープフルS(G1)で3着となったニシノデイジーの上りを上回る最速の上りでハナ差2着となったアガラスでしょうか。正直共同通信杯辺りが良いかな?と思ったのですがメンツを見てこちらか?

また、鞍上戸崎Jに乗り替わりも気になって仕方ないがここで結果を出せないと今年は厳しそうな戸崎Jでは!?続くはMデムーロJを確保したヴァンドギャルド。2走前の東スポ2歳Sでは勝ち馬ニシノデイジーに2着のアガラスとタイム差なしの3着馬。前走のG2ホープフルSでは6着に敗れるもサートゥルナーリアには0.6秒差。鞍上強化でこのメンバーなら好勝負が期待できそうですね。

そして個人的に気になるのはデビュー2連勝中のエングレーバー。人気的に4~5番人気くらいと思ってるのですがオルフェーヴル産駒で鞍上も継続で藤岡(佑)Jなだけに一発を感じさせる走りに期待したい。

そして池江師が管理のダノンチェイサーは前評判的に人気しそうですが個人的には新馬戦で重賞戦で大敗続きのカテドラルに完敗してる面や、その後の3戦で闘ってきた相手が微妙!?と思え評価は下げたいところですが鞍上川田Jは魅力ですしこの頭数なら…というのもありそうです。

その他、メイショウテンゲンやタガノディアマンテなど堅実な走りをする馬もいますが力量的にどうでしょうか?まぁどう足掻いても波乱は見込めなそうですし出走頭数により予想はケンの可能性もあります。とはいえ、まだ未知の魅力を持つ馬がいるかもしれませんね!?仮にアガラスやヴァンドギャルドが勝つとよりサートゥルナーリアの強さが…、はい、どの馬が勝つのか興味津々な一戦です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする