【POG】ジョーカプチーノ産駒で母マイネデセールの2019となるシナモンスティックの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

半姉で函館2歳S勝ちのリンゴアメに続けるか!?、父はジョーカプチーノで母マイネデセールの2019となるシナモンスティックをご紹介したいと思います。

シナモンスティックのプロフィール

馬名:シナモンスティック(2歳・牝馬)
馬主:ブルースターズファーム
管理:高橋(祥)師父:ジョーカプチーノ
母:マイネデセール
母父:マイネルラヴ
デビュー日:2021年7日25日(日) 新潟 芝1400m
鞍上:柴田(大)ジョッキー

先週、産駒が函館2歳S(G3)勝ち!

父はジョーカプチーノとなり先週の2019世代では、函館2歳S(G3)でデビュー3戦目のナムラリコリスが世代最初のJRA重賞制覇となったのが記憶に新しいですね。また産駒としては、2017年にNZT(G2)を勝ったジョーストリクトリ以来2頭目。今年は現時点で、6頭デビューも新馬勝ちは1頭もなし。とはえい未勝利勝ちから重賞を勝ったナムラリコリスだけに、今週末は2歳重賞がなくとも新馬戦と未勝利戦で産駒の走りが気になる私です。

半姉にはデビュー2連勝で重賞勝ちのリンゴアメ

母はマイネデセールでマイネルラヴ産駒ですね。現役時は、デビュー5戦目で未勝利を勝つとカンナS(OP)も勝ち2連勝。続く待望の阪神JF(G1)に出走するも、距離に泣き17着に敗れました。その後は主な活躍ができないまま通算12戦2勝で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、代表産駒は2018のリンゴアメ(父マツリダゴッホ/牝馬)でしょう。新馬勝ちから函館2歳S(G3)で重賞勝ちと仔で初重賞制覇。その他にもマイネサヴァラン(父マツリダゴッホ/牝馬)が4勝を挙げておりマツリダゴッホとの相性が良さそうですね。

馬名からも頑張って欲しい

そんな中、ジョーカプチーノを配合された8番仔のシナモンスティックが明日デビューします。馬名が可愛く感じるのは私だけでしょうか?と思いつつ、そのデビュー戦は新潟芝1400mで鞍上は柴田(大)Jの様ですね。また、馬主はビッグレッドファームからブルースターズファームへ、預託先はリンゴアメを管理していた菊川師から高橋(祥)師へ、そして鞍上は丹内Jから柴田(大)Jと何れも替わります。そして調教は鞍上柴田(大)Jが騎乗し、“真面目でスピードだけという感じではなさそう”との事で距離にも対応できそうなのはプラス材料。ただ出走予定のレースには…川田J騎乗のジルトレールがライバルとなりそう。中々の骨っぽそうな感じですし、現時点であまり注目されてなくとも半姉の活躍から密かに期待してみたいと思っており、当日のレースが気になる私です。さてどんな結果になるでしょうか…

タイトルとURLをコピーしました